FC2ブログ

構造エンジニアがサーフサイド崩壊調査について説明

構造エンジニアがサーフサイド崩壊調査について説明

Miami Herald

私たちは、ワシントン大学のドーン・リーマン教授と事実上マイアミヘラルドにいます。 リーマン教授は構造工学を教えています。 また、通常は世界中の地震に関する崩壊のさまざまな法医学分析にも参加します。 彼女は今日、マイアミヘラルドのコンサルタントとして私たちと一緒にいて、タワーの半分が悲劇的に崩壊した2021年6月24日にシャンプランタワー南で何が起こったのかを理解するのを手伝ってくれました。 教授、私たちと一緒にここにいてくれてありがとう。
では、崩壊のフォレンジック分析を開始するとき、最初に何をしますか?

さて、私を招待してくれてありがとう。ですから、私たちが最初に行うことは、正直に言って、一般の人々も同様に行うことです。それは、私たちが写真を見始めることです。それで私はこの悲劇的な崩壊が起こったことから始めました。それは構造工学コミュニティ全体に本当に衝撃を与えました。それで、私が最初にしたことは、建物の写真を見始めることでした。しかし、2番目に行うことは、構造図を確認することです。ですから、これは素人がおそらくやらないことです。しかし、私たちは特に鉄筋コンクリート構造であるこのタイプの構造の建物について知っています。たくさんあるということですが、それらの図面では見ることができない情報がたくさんあります。だから私たちがやりたいことと私がしていることは私が写真を撮ることです。そして、私は図面を取り、建物の中にあるはずのものの設計者の意図が何であったかを理解できるようにそれらを一対にして一致させ始めます。そして、それを写真に写っているものと一致させることができます。

ここで何を見ているのですか? 図面が見え、建物が見えます。 素人には瓦礫のように見えるものの山に見える要素は何ですか?

ここで見ているのは、建物の典型的な床の平面図です。だからこれはプールデッキの上にあります。読者の中には、私たちの多くが初期の損傷を感じていることを理解している人もいるかもしれません。レポートから、プールデッキの初期の損傷のようです。ここで、私が示しているのは典型的な床です。私が見ているのは、建物の立っている部分に何が見えるかです。そのため、下に車がいくつかあることがはっきりとわかり、建物全体が立っていることがわかります。私が最初に気付いたのは、建物の一部が壁のように見えることです。私はそれを説明するために他にどうすればよいかわかりません。しかし、それは実際には薄い壁であり、垂直方向の荷重と水平方向の荷重を受けるように設計された、建物内の非常に頑丈で剛性の高い構造要素です。したがって、この特定の場所の場合の水平荷重は、風荷重とハリケーン荷重になります。だから私が見ているのは、私たちが見ているその壁で建物が壊れたということです。今、私は瓦礫の山に向かって移動し、そこに何かが見えるかどうかを確認します。そして、私にとって最も目立ったものの1つは、私たちが今話していた壁のすぐ向こう側を見ているかどうかです。ベージュ色の長方形があります。そして私がその長方形を見るとき。私が気付いたのは、実際にはコンクリートであり、実際に階段の吹き抜けを示しているので素晴らしい部分があるということです。だから私はそれが階段の吹き抜けに取り付けられた構造壁と崩壊した建物の部分であることを知っています。ですから、これらは私がこのような空中写真から探しているタイプのものです。

この崩壊は1か月ほど前に起こりました。 法医学分析を完了するのにどのくらい時間がかかりますか? そして、私たちが現場にいることを知っている国立標準技術研究所にとって、彼らは最終的にこれを行うチームであり、この崩壊の公式分析です。 それにはどれくらいの時間がかかり、ここから何を期待できますか?

それは本当に良い質問です。答えるのは難しい質問です。しかし、私は、最後まで完全に考えるよりも、その調査の段階について考える方が役立つかもしれないと言います。ですから、私が期待するのは、読者がおそらく現場にいることを知っているように、彼らはあなたと同じであり、瓦礫の山からさまざまな構成部品を持ち帰ったということです。だから私が期待するのは、彼らが多段階の調査をしているということです。ですから、現在のように構築されたものの工学的特性、コンクリートと鉄筋の状態を本当に理解することです。これは明らかに構造設計において非常に重要なことであり、図面にあるものが実際に建物にあるものと一致するかどうかを知りたいのです。彼らがおそらくやろうとしている2番目のことは、私たちが見たいくつかの故障状態を理解するためにいくつかの実験を行うことです。特に読者はおそらく床と柱について読んだことがあります。時々人々はそのせん断破壊をとりあげます。したがって、彼らはおそらくそれらを実験的に調べる第2の一連の調査を行う予定です。次に、調査の3番目の部分。おそらく、建物全体の非線形構造分析に変えて、何がこの崩壊を引き起こしたのか、そして崩壊の進行が何であったのかを理解しようとするでしょう。ですから、それをすべてやれば、通常は何年もかかります。その完全な完全な調査にはおそらく2年からおそらく4年です。

教授、マイアミにはこの説明に本当に感謝している高層ビルに住んでいる人がたくさんいます。 本日はお越しいただき、誠にありがとうございました。またすぐにご連絡を差し上げます。

きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。
口頭原文は、続きをご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

Structural engineer explains Surfside collapse investigations

Miami Herald

we're here at miami herald virtually with professor dawn lehman of the university of washington. professor lehman teaches structural engineering. and also participate in various forensic analyses of collapse, usually about earthquakes around the world. she's here with us today as a consultant to the miami herald, helping us understand what happened at champlain towers south on june 24th 2021 when half of the tower tragically collapsed. thank you so much for being here with us, professor. so tell us when you start a forensic analysis of a collapse, what do you do first?

well, thank you for inviting me. so the first thing that we do is the first thing honestly that the public does as well, which is that we start looking at the photographs. and so that was where i started this tragic collapse happened. that really shocked the whole structural engineering community. and so the first thing that i did was started looking at the photographs of the building. but the second thing that we do, is that we look at the structural drawing. so this is something that the layperson probably wouldn't do. but we know especially for a building that is this type of construction which is reinforced concrete construction. that there are a lot, there's a lot of information that we can't see in those drawings. and so what we would like to do and what i do is i take the photographs. and i take the drawings and i start pairing them and matching them. so that i can understand what was the intent of the designer of what was supposed to be in the building. and then i can match that to what i see in the photographs.

what are we looking at here? i see a drawing and i see the building. what are the elements you can see in that pile of what to the layperson looks like rubble.

so what we're looking at here, is a plan of a typical floor of the building. so this is above the pool deck. maybe some of your readers understand that a lot of us feel that the initial damage and from the reports, it seems that the initial damage in the pool deck. here, what i'm showing is a typical floor. and what i'm looking at is what do i see in the standing portion of the building. so i clearly see that there's some cars below and i can see that there's a whole portion of building that's standing. and the first thing that i noticed is you can see there's a portion of the building that looks like a wall. i don't know what else to explain it. but that is actually a sheer wall, that's a very stong, stiff structural element in the building that's designed to take vertical load as well as orizontal load. so horizontal load in the caseof this paticular site would be wind load and hurricane loading. and so what i see is that the building failed right at that wall that we see. now i move out towards the rubble pile to see if i can see anything there. and one of the things that stood out to me the most is if you look just beyond that wall that we were just talking about. there's a rectangle that's sort of a beige color. and when i look in at that rectangle. what i notice is actually there's a portion that's great because it's concrete and that is actually showing the stairwell. so i know that is the structural wall that was attached the stairwell and the portion of the building that collapsed. so those are the types of things that i look for from a view like this, which is an aerial view.

this collapse happened just over a month ago. how long does it take to complete a forensic analysis? and for the national institute of standards and technology who we know are on site they are the team that is going to ultimately do this, official analysis of this collapse. how long does that take and what can we expect from here?

right. that's a really good question. it's a hard question to answer. but i would say that rather than thinking about complete to the very end, it might be more helpful to think about phases of that investigation. so, what i would expect is that, they are as you, as your readers probably know they were on site, they have brought back different components from the rubble pile. and so what i would expect is that they are doing a multi phase investigation. so one is to really understand the engineering properties of the as built as existing now, condition of the concrete and the steel. so that's obviously something that's very important in the structural design and we want to know does what was in the drawings meet what was actually in the building. the second thing that they're probably going to think about doing is maybe doing some experiments to understand some of the failure modes that we've seen, especially your readers have probably read about slab columns. sometimes people turn that punching shear failure. so they probably are going to have a second series of investigations looking at those experimentally. and then, the third part of the investigation. is probably going to be what we would turn them a nonlinear structural analysis of the entire building, trying to understand what could have triggered this ivent and then what the progression of collapse was. so if you do all of that, it's usually years. it's probably two years to maybe even four years for that full complete investigation.

there are a lot of people living in high rises in miami who really appreciate this explanation, professor. and thank you so much for being here with us today, and i 'm sure we'll see hear from again soon.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック