FC2ブログ

サーフサイドコンドミニアムの崩壊:これまでにわかっていること その1

サーフサイドコンドミニアムの崩壊:これまでにわかっていること その1

Practical Engineering グレイディさんの動画翻訳

2021年6月24日、フロリダ州サーフサイドのマイアミビーチ近くにある12階建てのコンドミニアムである、シャンプランタワー南の一部が、午前1時30分頃に倒壊しました。 これは、米国で史上最も致命的な構造崩壊の1つであり、ほぼ100人の死者がでました。 法医学的構造調査は完了するまでに数年かかる可能性がありますが、崩壊についてはすでに多くのことがわかっています。 このビデオでは、この考えられない悲劇の出来事を要約し、役割を果たした可能性のある構造工学の問題のいくつかについて話し、最後に説明したいと思います。法医学的構造調査のプロセスと、この大惨事の技術的原因を学習した結果として生じる可能性のあるものです。 私はグレイディです、そしてこれは実用的なエンジニアリングからのビデオです。 今日のビデオは、シャンプランタワー南ビルの崩壊についてです。

シャンプランタワー南は1981年に建てられ、通りのすぐ上にほぼ同じ北の構造があります。12階建てのオーシャンフロントタワーは、サーフサイドの小さなマイアミ郊外に鉄筋コンクリートで建設されました。建物は、住民がプールデッキと呼んでいる隣接する共用エリアの下に伸びる地下駐車場の上にありました。建物には136戸のマンションがありました。所有者が1人のアパートとは異なり、南のシャンプランタワーは、理事会メンバーを通じて、136人のコンドミニアム所有者によって集合的に維持されていました。 6月24日の早い時間に、建物に隣接するプールデッキに障害が発生したことがわかりました。近くのホテルの観光客は、衝突事故を聞いた時、たまたま泳いでいました。彼らはシャンプランタワーに歩いて行き、プールデッキの一部が下の駐車場に崩壊したことを確認しました。約7分後、建物は倒れ始めました。近くの防犯カメラが崩壊全体をカメラで捉えました。建物は3つのセクションで崩壊しました。最初に建物の南の部分、すぐに北の部分、最後に東の部分が続きます。建物の西半分全体が立ったままでした。被害を受けた建物や破壊されたエリアの瓦礫から住民を追い出すために、調査と救助活動がすぐに開始されました。救助員は、生存者のために残骸をふるいにかけるために24時間年中無休で働きました。崩壊しなかった建物の西部は、特に熱帯低気圧エルザがその地域に強風をもたらす可能性があるという脅威で、救助隊と復旧隊に危険をもたらしました。町の役人は、救助員を保護し、既存の調査および救助区域に落下する可能性を回避するために、7月4日に建物の残りの部分を取り壊すという難しい決定を下しました。このビデオの録画として、97人が死亡したことが確認されています。部分的な崩壊の間に建物にいて生き残った126人の人々がいました。

もちろん、崩壊の最も重要な問題は、なぜそれが起こったのかということです。残念ながら、答えるのは難しいです。サーフサイドの町は、公共の透明性のために、建物に関するすべての記録と通信をオンラインで公開しました。それは再認証の過程にあり、マイアミデイドでは、築40年に達したときにすべての建物が義務付けられ、その後10年毎になりました。そのプロセスは、構造エンジニアによる詳細な検査から始まります。シャンプランタワー南については、2018年に検査が実施されました。その構造検査の結果は、建物の崩壊の原因に関する初期の推測のほとんどの焦点となっています。検査中に特定された懸念事項の中で、最も重要なものの1つはプールデッキでした。建物に隣接する大きなコンクリート床は、地下駐車場の天井としても機能しました。検査報告書は、主に排水不良と防水の失敗の結果として、このコンクリート床に大きな構造的損傷があることを指摘しました。問題は、プールデッキの雨水がコンクリート床の上の舗装材を浸透することができ、それからどこにも行けないということでした。そのため、適切に傾斜したスラブに沿って排水路に流れる代わりに、浴槽のようにスラブの上に単に溜まりました。浴槽とは異なり、このシステムは防水ではありませんでした。雨水は、接合部、亀裂、およびスラブ自体の毛穴を通って下のコンクリートに漏れていました。これは驚きではありませんでした。それはマンションでよく知られた問題であり、駐車場の天井に沿ったさまざまな場所にプラスチック製の雨どいが設置され、これらの漏れを車や歩道からそらすことができました。

きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。
口頭原文は、続きをご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

Practical Engineering <1>

on june 24, 2021, a portion of champlain towers south, a 12-story condominium in surfside, florida, near miami beach, collapsed around 1:30 am. it was one of the most deadly structural collapses in u.s. history, with nealy 100 fatalities. forensic investigations of the event will likely take years to complete, but there's a lot we already know about the collapse. in this video, i want to summarize the events of this unthinkable tragedy, talk about a few of the structural engineering issues that may have played a part, and finally explain the prosess of forensic structural investigations and what might result from learning the technical cause of this catastrophe. i'm grady, and this is practical engineering. today's video is on the collapse of the champlain towers south building. champlain towers south was built in 1981 along with a nearly identical north structure just up the street. the 12-story oceanfront tower was constructed of steel-reinforced concrete in the small miami suburb of surfside. the building sat atop an underground parking garage that extended below the adjacent common area that residents called the pool deck. the building had 136 condominium units. unlike an apartment property with a single owner, champlain tower south was collectively maintained by those 136 condo owners through an association with board members. in the early hours of june 24th, we know that there was a failure of the pool deck adjacent to the building. tourists at a nearby hotel were swiming when they heard a crash. they walked over to the champlain towers to see that part of the pool deck had collapsed into the parking garage below. about 7 minites later, the building began to fall. a security camera nearby caught the entire event on camera. the building collapsed in three sections; first a south portion of the building, immediately followed by a north portion, and finally, the east section. the entire western half of the building remained standing. the seach and rescue operation started immediately to get residents out of the damaged building and the rubble of the demolished area. crews worked 24/7 to sift trhough debris for survivors. the western part of the structure, which didn't collapse, posed a hazard to the rescue and recovery crews, especially with the threat of tropical storm elsa potentially bringing high winds to the area. town officials made the difficult decision to demolish the remaining part of the building on july 4th to safeguard the crews and avoid the possibility of it falling onto the existing seach and rescue zone. as the recording of this video, 97 people have been confirmed deceased. there were 126 people who were in the building during the partial collapse and survived. of course, the most critical question of the collapse is why it happened. unfortunately it's a difficult one to answer. the town of surfside put all of their records and correspondence about the building online in the interest of public transparency. it was in the process of being recertified, a requirement in miami-dade country for all buildings when they reach 40 years in age, and evry 10 years afterwards. that process starts with a detailed inspection by a structural engineer. for champlain towers south, the inspection was performed an 2018. the findings of that structural inspection have been the focus of most of the early conjecture about the cause of the building's collapse. among the items of concern identified during the inspection, one of the most important was the pool deck. the large concrete slab adjacent to the building also served as a ceiling to the underground parking garage. the inspection report noted major structural damage to this concrete slab, mainly as a result of poor drainage and failed waterproofing. the issue was that rainwater on the pool deck could filter through the pavers above the concrete slab, and then it had nowhere to go. so, instead of flowing along a properly sloped slab to drains, it simply pooled above slab like a bathtub. unlike a bathtub, this system wasn't watertight. runoff was leaking into the concrete below through joints, cracks and into the pores of the slab itself. this wasn't a surprise. it was a well-known problem at the condominium, and there were even plastic gutters installed in various locations along the ceiling of the parking garage to divert these leaks away from cars and walkways.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック