FC2ブログ

米国 住宅バブル崩壊、2021はここから始まります その3

米国 住宅バブル崩壊、2021はここから始まります その3

Reventure Consulting 動画翻訳

このグラフで私たちが見ているのは、ボイジーが黄色の線、ローリーが青い線であり、住宅価格の月ごとの変化が再び25年前に戻っていることを示しています。 このデータはzillowからのものです。 そして、あなたが見ることができるのは、ちょうど米国の平均のように、ボイジーとローリーの両方がドアを吹き飛ばしているということです。 それらは絶対にドアを吹き飛ばしています。 それらの以前のパフォーマンスは、どちらの市場も現在達成しているように評価を達成したことはありません。しかし、私が本当にあなたに指摘したいこと、そして私があなたたちに本当に注目してほしいことは、これらの2つの線の間のギャップです。具体的には、昨年に発生したギャップがあるので、ズームインしてみましょう。これが、過去5年間でズームインしている現在の作業です。そして、私が注目してほしいのは、ボイジーの住宅価格の上昇が実際に2020年9月から始まり、10月11月12月1月2月3月にボイジーが月間4.5%まで上昇していることです。しかし、実際には、ボイジーの住宅価格が実際に上昇し始めたのは、夏の終わりから秋にかけてでした。ローリーでは、まったく同じではありませんでしたが、住宅価格の高騰でローリーはまだかなり落ち着いていました。そして、私たちが急激なレベルの成長を見たのは、実際には過去2か月間でした。たとえば、6月のローリーでは月間で2.6%増加しています。ボイジーは11月にそのレベルにあったので、ローリーが行く場所に関して、ボイジーが行くものと比較して約6〜7か月の遅れがあります。

ローリーに住んでいないかもしれない人のために、私が考えてほしいのは、ここのローリーは、タンパ、チャールストン、オーランド、ナッシュビルを見た南東部のすべての都市の一種であるということです。ローリーは、住宅市場が上昇した最後の3、4か月まで実際にはなかったという点で、それらの一種の代表です。これらの都市では、秋にボイジーで上昇したので、なぜここでボイジーにそれほど注意を払っているのですか?つまり、小さな都市なので、地図上でどこにあるのかさえわからないかもしれませんが、米国の住宅市場が6か月間何をするのかを理解したいのであれば、ボイジーが何をしているのかを理解することは非常に重要です。減価償却の観点から、そして崩壊を起こすという観点から、最初にボイジーで現れるという点で6か月までに、他のアメリカがまだ住宅価格を上げているので、それは次の数ヶ月で現れるでしょう。そのため、7月、8月、9月、10月の全国住宅価格データは依然として堅調に見えます。

しかし、ボイジーのような特定の市場では、船に特定の亀裂が見られるでしょう。価格が下がり始め、それらの価格の下落は、今後アメリカの他の地域で何が起こるかを予測するでしょう。そのため、ボイジーで起こっていることはわずか6か月後に他の場所でも起こるため、米国の中間にいる場合でも、ボイジーは行動し、注意を払う価値があります。より多くの証拠が必要な場合は、在庫を見てみましょう。このグラフで見ているのは、過去2年間の黄色い線のボイジーとローリーの青い線のアクティブな在庫の前年比です。私が本当に指摘したいのは、ボイジーが持っていた在庫の減少です。去年の夏から始まりますが、夏の終わりから秋にかけて、ボイジーの在庫が前年比で75%減少したとしましょう。これは、絶対にクレイジーです。それ以来、在庫は横ばいになり、ボイジーでロケットのように急上昇しました。ボイジーの在庫は、ますます多くの人々が街を離れるにつれてますます多くのバイヤーがバイヤーストライキを行うにつれて、ますます多くの遅延リスターが市場に出るにつれて、今後数ヶ月にわたって急上昇し続けるでしょうが、非常に高価な在庫が維持されるでしょう、最終的に価格は下がる傾向があります。しかし、ローリーはこの遅れたタイムラインにあり、ローリーは同じレベルの在庫削減から前年比74%の在庫を差し引いたものになりましたが、ボイジーは11月にそれを打ちましたが、ローリーは4月にそれを打ちました。したがって、ローリーでの在庫の動作は、ボイジーでの動作と比較して、5〜6か月の遅れがあります。そして、ローリーの在庫がボイジーによって設定された同じ例にまもなく従うことをあなたの英国人に賭けることができます。そして次の3、4、5ヶ月でこの青い線がうまく上昇するのを見るでしょう。

Housing Crash 2021 Starts HERE <3>

10:00
what we're looking at here on this graph, boise is the yellow line, raleigh is the blue line and we're looking at month over month change in home price is going back 25 years once again. this data that comes from zillow. and what you can see is that just like the u.s avarage both boise and raleigh are blowing the doors off. they're absolutely blowing the doors off. their previous performance never before has either market ever achieved appreciation like they're currently achieving. but what i really want to point you to and what i really want you guys to attention to is the gap between these two lines. and specifically that gap that's developed over the last year so let's zoom in. a little bit which is what we're doing now we're zooming in over the last five years. and what i want you to pay attention to is when boise's home price growth really starts taking off september of 2020 october november december january february march now we're all the way up to 4.5 month increases in boise. but really it was the fall the late summer into fall of actually where home prices in boise really started going. in raleigh though it wasn't quite the same raleigh was still fairly muted in its home price appreciation. and it really wasn't until the last couple months where we've seen crazy levels of growth so for instance in june raleigh is up 2.6 month over month. boise was at that level in november so there's about a six to seven month lag in terms of where raleigh is going compared to what boise is going. and for those of you who might not live in raleigh what i want you to think of is that raleigh here is kind of representative of all those metros in the southeast that we looked at tampa, charleston, orlando, nashville. raleigh is kind of representative of them in that it wasn't really until the last three or four months when the housing market took off. in these cities but it took off in boise back in the fall so why am i paying so much attention to boise here i mean it's a small metro a lot of you might not even know where it is you can point it out on a map but it's extremely important to understand what boise is doing if you want to understand what the u.s housing market is going to be doing six months because in the way that boise was ahead of raleigh by six months in appreciation it's going to be ahead of the rest of america. by six months in terms of depreciation and in terms of having a crash is going to show up in boise first it's going to show up in the next couple months as the rest of america is still increasing its home prices. and so you're going to see national home price data still looking strong in july, august, september, october. but you're going to see certain cracks in the ship in certain markets like boise. where prices are going to start going down and those price declines are going to be predictive of what's going to occur in the rest of america going forward. and that's why boise deeds and deserves your attention even if you're somewhere halfway across the u.s because what happens in boise is going to happen everywhere else just six months later. if you want more proof let's take a look at inventory so we're looking at on this graph is the year-over-year change in active inventory in boise the yellow line in raleigh the blue line over the last couple years. what i really want to point you to is the decline in inventory that boise had. starting in the summer of last year but really you know in the late summer into the fall when by let's just say november in boise inventory was down by 75 percent year over year which is absolutely crazy. since then inventory flatlined and then in boise it has shot up like a rocket. an inventory in boise is going to keep skyrocketing over the next couple monthes as more and more delayed listers come to market as more and more buyers go on buyer strike as more and more people leave the city but has gotton so expensive inventory is going to keep going up and eventually prices are goinr to go down. but we can see again raleigh is on this delayed timeline where raleigh got to the same levels of kind of inventory reduction minus 74% inventory year over year but whereas boise hit that in november raleigh hit that in april. so again there's a five six month lag in how inventory is behaving in raleigh compared to how it's behaving in boise. and you can bet your britches that inventory in raleigh will shortly follow the same example setby boise and in the next three four five months we're going to see this blue line rocket up well.
13:10

17:55

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック