FC2ブログ

米国 住宅バブル崩壊、2021はここから始まります その1

米国 住宅バブル崩壊、2021はここから始まります その1

Reventure Consulting 動画翻訳 

あなたの街は現在、買い手市場または売り手市場です。これは、2021年8月にここで答える非常に重要な質問です。将来の住宅購入者投資家または売り手である場合、あなたの街の変化と他の都市との比較を理解したい場合、このビデオで私がやろうとしていることは、realtor.comからの記事から新鮮ないくつかの重要な洞察のいくつかの重要な日付を皆さんに与えることです。アメリカで最大の100の大都市圏をカバーし、その方法を見ていきます。 在庫とリストは年々変化しています。一部の都市は依然として巨大な売り手の市場です。他の都市は非常に逼迫してますが、他の都市は実際に大きな買い手市場になりつつあり、特に住宅バブル崩壊の玄関口にある1つの都市があります。

このビデオで2番目に行うことは、その都市をフォローし、住宅のバブル崩壊の玄関口にあるその都市を気にする必要がある理由を示します。これは、何が起こるかを予測する導火線になるからです。他のどこでも米国住宅市場で起こっているので、あなたがその都市に住んでいなくてもバブル崩壊の玄関口にある1つの都市は、その都市にバブル崩壊が来たときに次の都市に来るので次の3〜6か月、それに注意を払う必要があります。これに関するデータを調べてみましょう。私はあなたの多くの見込みのある住宅購入者、見込みのある投資家、見込みのある売り手、あなたがこのデータを欲しがっているのを知っているのでそれに入りましょう。

まず、アメリカで最大の100の大都市圏を示しているこの地図を見て、非常に重要な指標に基づいてそれらを示しています。これは、将来の購入者である場合に追跡する必要のある非常に重要なデータポイントです。特定の市場の投資家または売り手は、このデータポイントを理解する必要があります。これは、市場の在庫の変化率であり、在庫は正しく追跡するために非常に重要です。明らかに、在庫が少なくなり、在庫が制限されるほど、価格が上がります。そしてそれは売り手の市場の多くです。在庫が増えて高くなり、市場でより多くの家を手に入れるほど、それは買い手の市場になります。ですから、私がここで話していることで、これらの都市のメトロには非常に異なる色分けがあることに気付いたと思います。濃い赤のものもあれば、濃い黄色のものもあります。つまり、濃い赤のものは、7月末まで毎年在庫が大幅に減少しているということです。たとえば、サウスカロライナ州チャールストンのような場所では、アクティブなリストが前年比で56%減少しています。これは、チャールストンが依然として非常に激しい売り手の市場であることを意味します。在庫が非常に少ないので、入札戦争が多発している可能性があります。もう1つは、フロリダ州ノースポートのサラソタです。毎年、在庫が69%減少しています。実際に確認できるのは、南東部のほぼすべての場所で、タンパに行く場合は真っ赤になり、オーランドに行く場合は真っ赤になっていることです。ナッシュビルに行くと、ローリーの在庫が64%減少したので、この地図とデータによると、米国の南東部はまだマニア主導の住宅の一部にあります。市場サイクル、そしてあなたが今南東部のバイヤーであるならば、それはあなたにとって非常に難しいです。

しかし今ではもちろん、州のすべての地域が赤であるわけではなく、一部は黄色であり、黄色がよく黄色を意味するということは、7月末まで毎年市場の在庫のリストが実際に増加していることを意味します。そのような場所の1つがワシントンDCです。実際には、DCのリストは年々14%増加しており、市場が軟化してバイヤー市場になっていることを示しています。別の場所はオハイオ州アクロンです。別の場所はウィスコンシン州ミルウォーキーですが、実際に私が指摘したいのは西海岸です。ここでは、カリフォルニアに黄色があり、サンディエゴのような場所では、実際に在庫が前年比で5%増加していることがわかります。非常に熱い市場だったサンディエゴは、より多くのリストを見始めています。フレズノはより多くのリストを見始めており、ストックトンはより多くのリストを見始めています。しかし、実際には、アイダホのボイジーと言うべきタイプの在庫急増を見ているアメリカの市場は他にありません。アクティブなリストの前年比で34パーセントの増加2020年7月下旬と比較して2021年7月下旬までに在庫の大規模な急増しており、他の市場はボイジーで起こっていることに近いものはありません。

【要旨】
米国の100大都市圏の住宅市場は今、売手市場であるのか?買手市場であるのか?米国の100大都市圏の年々変化する在庫リスティング表を見れば理解することができます。又、さらに分析することで、どこの都市で住宅バブル崩壊が発生するか洞察することもできます。


Housing Crash 2021 Starts HERE <1>

is your city currently a buyer's market or seller's market that's a really important question to answer here in august 2021 if you're a prospective home buyer investor or seller you want to understand what the dynamics are in your city and how they compare to the rest of the country so what i'm going to do in this video is give you guys some key date of some key insights fresh off the presses from realtor.com we're going to cover the 100 largest metro areas in america and look at how inventory and listings have changed year over year quite simply some cities are still a huge seller's market inventory is very tight other cities though other cities are turning into big buyers markets actually and there's one city in particular which is on the doorstep of a housing crash. the second thing i'm going to do in this video is show you why you need to be following that city and caring about that city that's on the doorstep of a housing crash because it will be the leader the predictor the bellwether of what's going to happen in the u.s housing market everywhere else so even if you don't live in the city the one city that's on the doorstep of a crash you need to be paying attention to it because when that crash hits that city it's coming for you city next just in the next three to six months let's get into the data on this one i know a lot of you prospective home buyers prospective investors prospective sellers you're going to want this data so let's get into it we need to start things off by looking at this map which is showing the 100 largest metro areas in america and it's showing them based on a very key indicator a very key data point that you all need to be tracking if you're a prospective buyer, investor or seller in your specific market you need to be understanding this data point and that's the percentage change in inventory on the market and inventory is super important to track right and obviously the lower the inventory and the more constricted inventory is more prices go up and the more of a seller's market it is. the more that inventory goes up and gets higher and gets more homes on the market the more it becomes a buyer's market. and so i'm sure you guys have noticed through me talking here is that there's very different color coding on these cities metros. some are deep red others are deep yellow what does that mean well ones that are deep red have had big declines in inventory year over year through the end of july. for instance a place like charleston south carolina has seen a 56 percent decline in a active listings year over year that means charleston is still fiercely very fiercely seller's market. and it is very little inventory out there probably lots of bidding wars probably lots of over asked situations another one would be northport sarasota florida a 69 percent dekline in inventory year over year what you can really see is that pretty much everywhere southeast is like this is in deep red if we were to go to tampa if we were to orlando if we were to nashville if we were to go to raleigh where we've seen a 64 percent decline in inventory in raleigh so what this map and data is saying is that the southeast part of the u.s is still very much in a frenzied mania driven segment of its housing market cycle and then if you're a buyer in the southeast right now it's very difficult for you. but now of course not all parts of the country are red some are yellow and what does yellow mean well yellow means that there's actually an increase in listings in inventory on the market year over year through the end of july. one such place is washington dc there's actually a 14 percent increse in listings year over year in dc which indicates the market is softening becoming more of a buyers market. another place would be akron ohio another place will be milwaukee wisconsin but really what i want to point you to is the west coast. you can see here that there's some yellow in california a place like san diego is actually seeing a five percent increase in inventory year over year. san diego which was a very hot market is starting to see more listings. fresno is starting to see more listings and stockton is starting to see more listings. but really no market in america is seeing the type of inventory surge that boise idaho is or i should say boise. there's no z in it apparently it's not boise it's boise 34 persent increase in active listings year over year an sbsolutely massive surge in inventory through late july 2021 compared to late july 2020 no other market is even close to what's going on in boise

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック