FC2ブログ

Yale大学 不動産講義 動画翻訳 その1

Yale大学 不動産講義 Real Estate 動画翻訳 その1

まず、住宅ローンの歴史について少しお話します。それから私は最近、私たちがどのように商業用不動産金融を行い、次に住宅用不動産金融を行うかについて話したいと思います。そして時間があれば、議論に取り掛かろうと思います。ですから、私たちが不動産について話すとき、それは実際には不動産を含む金融契約についてであり、それは特に不動産を担保として使用します。とても複雑な歴史ですが、長期的な視点で考えていきたいと思います。私は世界の住宅ローンから始めたいと思います。実はラテン語に戻ります。 mortuusバディウム。そしてそれはラテン語の死の誓約を意味します。そして中世のフランスでは、彼らはフランス語をバディウムに置き換えました。それが黒板の円ゲージです。それはフランス語で誓約することを意味します。そして、なぜ彼らがそれらを死の誓約と呼んだのか分かりません。それは私に死を巻き込むようには見えません。しかし、これらの機関の長い歴史の中で、それは重要になりました。オックスフォード英語辞典には、住宅ローンという言葉が1283年に英語に入ったと書かれています。そのため、ここには長い歴史があります。実際、私はそれを1283年よりも先に戻すことができます。私は、絹の貿易に関連する古い文書を読んでいるイェールの歴史家ヴァレリー・ハンセンの研究に触発されました。彼女の文書は、貿易の資金調達のために行われた融資を反映した、7世紀から10世紀の中国の唐王朝の古い文書の山に基づいています。ですから、中東から中国までシルクやその他のアイテムを持って行き来する人々がいて、彼らは貿易のための資金を必要としていました。それで彼女はこれらの古い文書を中国語で読みます。そして私は彼女の仕事を少し調べて、彼らが住宅ローンを持っているかどうかを確認していました。彼女は、中国では、少なくとも私が彼女の一般性を正しく理解していれば、少なくともこれらの文書では、不動産を抵当に入れているようには見えなかったと言います。しかし、彼女は、これらの文書の中には、中国と他の多くの国との間で取引されていたため、すべてが中国語ではなかったものもあると言います。それで彼女はソグド語でいくつかを見つけました。彼女はこれらすべての言語を読みます。それは現代のイランの古代言語です。そしてそれは死語です。それは9世紀に消滅しました。しかし、彼女は住宅ローンのように見えるいくつかのソグディアン文書を見つけました。それで、何人かの人々は彼らの絹貿易のためにお金を借りて、彼らは彼らの財産または彼らの奴隷を抵当に入れました。

【要旨】
住宅ローンにおける抵当権(mortgage)の歴史
抵当権(モーゲイジ)はラテン語で死の誓約を意味します。オックスフォード英語辞典には、住宅ローンという言葉が1283年に英語に入ったと書かれています。それよりももっと以前の7世紀から10世紀の中国の唐王朝時代に、中東から中国までシルクやその他の商品を持って行き来する人々がいて、彼らは貿易のための資金を必要としていました。絹の貿易に関連する古い文書を読んでいるイェールの歴史家ヴァレリー・ハンセンの研究によりますと、中国語では見つけることが出来なかったが、ソグド語(現代のイランの古代言語)で、何人かの人々は彼らの絹貿易のためにお金を借りて、彼らは彼らの財産または彼らの奴隷を抵当に入れたという記録を発見しました。




あなたは奴隷を抵当に入れることができます。それはひどい考えです。そして契約はさらにあなたが財産または奴隷を維持する義務があると言うでしょう。私はそれがあなたの奴隷を養うことを意味したと思います。それらを健康に維持します。それらは1000年以上前の住宅ローンでした。とても古い制度です。しかし、私はそれがより近代からその現代を形成したと思います。そしてそれはおそらく18世紀後半に一般大衆によく知られている用語になりました。私はそれを確認しようとしていました。物事の起源を理解することへの情熱から、私は歴史に興味があります。それで、私は彼らが何について話していたのかを見つけるために、プロクエストで住宅ローンを調べました。ハートフォード・クーラントで1778年の記事を見つけました。実際には記事ではなく、誰かが取り出した広告でした。 1778年の住宅ローン市場がどのようになっていたかを明らかにしていると思います。ここコネチカットにいる私たちは、これを知っていましたか?アメリカで最も古い新聞。それがハートフォード・クーラントです。そこで、エリシャ・コーンウェルという名前の男が1778年にハートフォードの新聞で記事を出しました。彼は記事で、自分の農場を売却し、前もってお金を受け取る代わりに、農場を抵当に入れていたと説明しています。彼はそれを800ポンドで別の農夫に売りました。そして農夫は彼に支払うことを約束していました。もし彼が彼にお金を払わなかったら、彼のもとに農場は戻るべきです。その後、農夫は同じ農場を880ポンドで抵当に入れました。そのため、彼は80ポンドの利益を上げました。 彼がまだ最初の住宅ローンを返済していなかったことを除いて、それはすべてうまくいったでしょう。それから男は1000ポンドで再びそれを抵当に入れました。そしてコーンウェル氏はちょっと抗議しています、あなたはそもそも私に農場の代金を払っていなかったので、あなたは農場を所有していません。どのようにそれを複数回抵当に入れていますか?それで彼は言った、私はこの農夫のその後の犠牲者が警告されるように、私は新聞に記事を入れたほうがいいと思った。それで、彼は私にお金を払わなかったので、これは私の農場だと言いました。しかし、これは1778年の未開発の住宅ローン機関がいかにあったかを示しています。彼はそれを説明するために新聞に記事を掲載しなければならなかったからです。問題は、タイトルを体系的に表現する方法が誰にもなかったということでした。おそらくコーンウェル氏からそれを買った農夫は本当にそうしませんでした。そして誰もそれを知りませんでした。彼は人々をだますことができた。当時、住宅ローンがあまり見られなかったのはなぜだと思いますか。法律が明確ではなかったからです。機関は財産について明確ではありませんでした。ですから、農場を抵当に入れている人が本当にそれを所有しているかどうかを知ることができなければ、あなたは実際に住宅ローン事業を行うことができませんでした。そのため、政府が不動産の権利を十分に進歩させて、住宅ローンの大きな国内市場または国際市場を開拓できるようになったのは、19世紀後半になってからでした。

【要旨】
1778年にハートフォード・クーラント(アメリカで最も古い新聞)に掲載された抵当(モーゲイジ)による農場重複売買に関する記事で、アメリカ政府はその後、抵当権(モーゲイジ)など不動産の権利に関する法整備を拡充し、住宅ローンの大きな国内市場または国際市場を開拓できるようになったのは、19世紀後半になってからでした。



YaleCourses 10. Real Estate

i'm going to start by talking a little bit about the history of mortgage lending. and then i want to talk more recently about how we do commercial real estate finance and then residential real estate finance. and then if i have time i'm going to try to get into discussing. so when we talk about real estate, it's really about financial contracts that involve real estate, and that particulaly use real estate as collateral. so it's very complicated history but i'd like to put things in a long-term perspective. i want to start with the world mortgage. it adtually goes back to latin. mortuus vadium. and that means in latin death pledge. and then in the middle ages in france they substituted the french word for vadium. and that's circles gage on blackboard. that means pledge in french. and i don't know why they called them death pledges. that ddoesn't seem to ivolve death to me. but in the long history of these institutions it became important. the oxford english dictionary says the word mortgage entered the english language in 1283. so we've got a long history here. actually i can take it back further than 1283. i was inspired by the research of yale historian valerie hansen who has been reading old documents related to the silk trade. and her documents are based on a trove of old documents from the tang dynasty in china between the 7th and 10th centuries which reflect loans that were made to finance trade. so you had people going back and forth from the middle east to china with silk, and other items, and they needed financing for trade. so she reads these old documents in chinese. and i was looking over her work a little bit to see whether they had mortgages. she says that in chaina it didn't seem at least if i'm getting her generalities right, they didn't seem to mortgage property, at least in these documents. but she says that among these documents are some they weren't all in chinese because they were trading between china and many other countries. so she found some in sogdian language. she reads all these languages. it's an ancient language of what's modern day iran. and it's a dead language. it died out in the ninth century. but she finds some sogdian documents that look like mortgages. so some people borrowed money for their silk trade and they would mortgage their property or their slaves. you could mortgage slaves. it's an awful thought. and then the contracts would additionally say that you were obligated to maintain the property or the slaves. i guess that meant feed your slaves. kepp them healthy. those were mortgages from over 1000 years ago. so it's a very old institution. but i think it formed its modern from more recently. and it became a well-known term for the general public maybe in the late 18th century. i was trying to confirm that. i'm interested in history, just out of a passion for understanding origins of things. so, i looked up mortgage on proquest to find, what were they talking about. and i found an article in the hartford courant, dated 1778. actually it wasn't an article, it was an ad that someone took out. and i think it's kind of revealing of what the mortgage market looked like in 1778. we here in connecticut, have did you know this? the oldest newspaper in america. that's the hartford courant. so a man by the name of elisha cornwell took out an ad in the hartford courant in 1778. and he explains in the ad, that he sold his farm and instead of taking the money right up front, he had morgaged the farm, so that he sold it for GBP 800 to another farmer. and the farmaer was promising to pay him. and if he didn't pay him, he should get back the farm. the farmer subsequently mortgaged the same farm for GBP 880. so he's made GBP 80 profit. which would all be fine and good, except he still hadn't paid back the first mortgage. and then the guy mortgaged it again for GBP 1000. and mr. cornwell is protesting hey, you didn't pay me for the farm in the first place, so you don't own the farm. how are you mortgaging it multiple times? so he said, i thought i better put an add in the newspaper, so that any subsequent victims of this farmer, would be warned. so, he said, this is my farm because he didn't pay me. but this shows how undeveloped mortgage institutions were in 1778. because he had to put an ad in the newspaper to explain that. the problem was that nobody had any systematic way of representing title. the farmer, who supposedly bought it from mr. cornwell really didn't, and nobody would know that. he could fool people. i think tha's party why you didn't see so many mortgages in those days. because the law wasn't clear. the institutions were not clear about property. and so you couldn't really do a mortgage business, if you couldn't find out whether the guy mortgaging the farm really owned it or not. and so, it wasn't until the late 19th century that government started to get rights to property sufficiently advanced that we could develop a big national or international market in mortgages.

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック