FC2ブログ

マイアミのコンドミニアムの崩壊:プールデッキが建物の崩落の原因か(4)

マイアミのコンドミニアムの崩壊:プールデッキが建物の崩落の原因か(4)

ジェフ・オストロフさんの動画翻訳

それで、彼らがここでこの3 x 3の穴を切るように彼らに言ったとき、それらのエンジニアが請負業者に何を命じたかを実際に詳しく見てみましょう。昨年10月に住宅所有者管理組合に提出したページです。この図面は2020年7月に作成されたようです。ここで確認できますので、この行為がすべて行われたのはその頃だと思います。そうしたら、ズームインして、そこにある5つと8つのメモを見てみましょう。ここにいる人がいたら、私と一緒に読んでください。ここで、請負業者はプール床で指示書の慎重な調査解体を完了する必要があり、約3 x 3の領域が解体されると記載されています。防水が直接上に配置されている場合、指示書は既存の防水の上部まで解体されます。構造スラブの場合、請負業者は既存の床の損傷を防ぐために適切な予防措置を講じる必要があります。今ここでそれの終わりに彼は彼らにこれらすべてのテストをするように言っています。そして何とか何とか何とか何とかそれをそこの底まで破壊します。しかし、ここの下部には、プール床に指示書を再度取り付けて、駐車場で打ち抜かれたコンクリートを元の状態に修理し、プランターを元の状態に戻すと書かれています。だから私の疑問はここに注5と注8と書かれているので、この写真を見ると、これは昨年7月のように見えますか?請負業者はすべてを元に戻しましたが、私には見えない部分はわかりません。これは何かが間違っていることを意味しますか?これはここでの純粋な推測かもしれませんが、私が言ったように、故障モードには多くの潜在的な原因があるため、ここから水が入るのは保護されていない可能性があります。これに排水溝があるのか​​、これなのか、これなのかはわかりませんが、それが崩壊するのに十分な重量になるかどうかはわかりませんが、長年の亀裂や誤った修理によって弱くなったコンクリート床がある場合はそうかもしれません。

さて、椰子の木を見てみましょう。椰子の木がそこにあるとは知らなかったのですが、椰子の木を取り出しました。 デッキのこれらすべてのプランターにヤシの木があり、これらの背の高いもののいくつかがかなり負荷されることが想像できます。これらはセーブルのヤシであり、1フィートあたり約100ポンドまたは150ポンドの重さである場合、これはおそらく20本です。 おそらくここに17,18フィートあります。かつて道路があったときにグーグルの車が隣を運転のは2015年3月です。これがここで撮影されたときです。 2014年にもあったので、1996年の再デッキで追加された可能性があります。これは、不動産をたくさん購入するためです。さまざまな不動産鑑定士事務所の写真に多くの時間を費やしているので、ここに意味不明な国があります。 1つは、物件の外観です。2017年にはまだヤシの木が残っていることがわかります。これが、不動産鑑定士による2018年の航空写真であり、ヤシの木がなくなったためです。理由はわかりません。 彼らはそれらの理由が何であるか、または彼らがどのようにそれらを連れ出したかが取りざたされました。そしてあなたはその87公園のコンドミニアムで建設が進行中であるのを見ることができました。これは建物のここの住民が建物の建設期間に ここの隣からたくさんの振動があり、何人かの人々はおそらくそれが建物を倒したと言っているので、マイアミでそのようなことがいつも起こっているという証拠はなく問題はありませんでした。今ここに2019年の写真があり、もう一度ヤシの木がなくなっているのを見ることができます。そしてもちろんここに2020年と再びヤシの木がなくなっています。なぜ彼らがそれらのヤシの木をすべて取り除いたのか分かりませんがそれは大きな出来事だったに違いありません。ある種のクレーンを使用したに違いないので、そのクレーンパークはどこで使用したのか、またはここで運転するべきではなかった重いフォークリフトを使用したので、それらの木をどのように抽出したのかを知りたいと思います。他の質問を見てください。だからここで私があなたに見せたかったもう一つのことはこれが私がそれを再生できないウルフソンアーカイブからのビデオです。彼らはこれに600ドルを請求するので私はそれがここにあるYouTubeからここにスクリーンショットを見せていますが多くのニュースステーションはこれを報告することさえありませんでしたが、1980年6月9日に行われたシャンプランタワーの建設中にクレーンが転倒したので、YouTubeにアクセスしてそこでビデオをチェックしてください。さらに多くの質問が問題を引き起こしました。この転倒がどこで発生したかを知っていますか?それは、いくつかの明確さを得るのに問題を引き起こしましたか?私たちがここに行く元の2018年のオラビトからの有名なエンジニアリングレポートに行きます。彼がガレージの天井から撮った写真をいくつか見せて、皆さんここで見てください。デッキの排水溝の1つからのパイプは、おそらくプランターの1つの内部からのものであると確信していますが、そこに排水溝があります。それはその明白なストレスクラックでずっとひびが入っていたように見えます。

4つの異なる方向に伸びるストレスクラックとそこにある巨大な鍾乳石を見ると、排水管の周りでもまだ問題がありました。そして彼はここでいくつかのエポキシ注入を行ったこの本当に悪い注入作業を指摘しますが、それは誰かによって行われました。彼らが何をしているのかわからず、多くの場合、注入口がまだぶら下がっているままだったので、ここを読んで、苦痛を示しているコンクリートスラブを取り外して全体を交換することをお勧めします。残念ながら、彼らはレンガ舗装の下にあります。車で引っ張るデッキにはプランターと打ち抜きコンクリートがありますが、防水の交換が必要です。駐車場にあるすべての修理されたコンクリートスラブは目視に従って修理されます。コンクリート修理の標準、そしてここで彼のレポートの7ページの上部近くで彼は言っています。しかしプールデッキの下の防水と駐車場入口とプランターの防水は耐用年数を超えており、完全に取り外して交換する必要があります。防水に失敗すると、その領域の下のコンクリート構造スラブに大きな構造的損傷が発生します。近い将来、防水を交換しないと、指数関数的に拡大する具体的な劣化が見られるので、ここから非常に急速に起こるとは言っていません。彼らのアプローチは、以下に説明する多くの面で契約書に指定されているものとは異なります。

これは私が彼に少し反対する傾向があるところの核心です。ここで彼はここで鉄筋コンクリートスラブは水を排水するために傾斜していないと主張しています。それが蒸発するまで防水の上に座っています。これは元の契約の開発における大きなエラーです。これによって開発された契約は元の建築家です。ここを見ると、建築家が排水溝に傾斜していることを示しているので、請負業者が場所を建設したときに排水溝に傾斜していなかったか、誰かが後でやって来て何かをして作った写真があります。平らなのか、舗装業者が何かをしたのか、ここに未回答の質問がたくさんあるかどうかはわかりません。1996年に請負業者が入ってきて、駐車ガレージ請負業者の契約書にある足底防水舗装の設置コンクリート構造修理のために15万6千ドルの仕事をしました。 市に彼らは彼らがその年の後半にそれを承認した500直系フィートを修理するつもりであると言った。

さて、これは 柱m10の真正面にあるユニット111に住んでいたかろうじて命拾いをした有名な家族が住んでいたユニットです。彼らのユニットはガレージの真上にあり、そのポイントの真上にあるため、すべてが落ちました。彼らはその騒音と振動のすべてを聞いて、建設が進行中であるかどうか疑問に思っていたので、彼女はここで玄関から飛び出し、ロビーに行き、警備員に振動騒音を聞いて不平を言います。9-1-1に電話するように言っているとガレージがここで崩壊するのを見ると、全員が正面玄関から飛び出し、有名な9-1-1の電話が聞こえます。これは、ガレージからプールデッキに向かって東を向いていることです。これらの鉄筋がすべて天井から剥がされただけの状態が気に入らなかったのですが、濡れたコンクリートから出てきたように見えます。そこにぶら下がって腐食しているようです。瓦礫の山全体の周りにこのようにぶら下がっている鉄筋はこのようだったので、これはコンクリートが水から割れる理由を説明するのに役立ちます。通常の舗装レンガのプールデッキエリアでは、ここにコンクリートを黄色で表す必要があります。防水、そして通常は約1インチの砂、そして舗装材が上になり、その上にある排水口はまだ下向きに傾斜している必要があるので、今度は雨で何が起こるかを示しています。雨水は引っ張られ、排水する場所がなく、砂をゆっくりと浸透しようとしそこに溜まります。水は1ガロンあたり8ポンドの重さがあり、ここのすべての舗装材の間の小さな漆喰線全体でさえ、水を入れる小さな隙間があることを想い出してください。写真で見た上でも、かなりの重量がありますが、このコンドミニアムの崩壊についてはまだまだたくさんのことがあります

Miami Condo Collapse: How A Pool Deck Brings Down Buildings <4>

so let's take a look real close at what those engineers command was to the contractor when they told them to cut this three by three hole here. so here's that page that they submitted to the homeowners association in october of last year and it looks like this drawing was prepared in july of 2020. you can see it right here so i'm assuming that's arround the time that all of this action was done so let's zoom in and take a look at those notes there five and eight so read along with me if you would here folks. it says right here the contractor shall complete careful exploratory demolition of the paper system at the pool deck documented an approximate three by three area shall be demolished the paper system shall be demolished down to the top of the existing waterproofing if waterproofing is placed directly on top of the the structural slab the contractor shall take proper precautions to avoid damaging the existing slab. now over here at the end of it where he's telling them to do all these tests and blah blah blah demolish it down to the bottom there. but it says here at the bottom re-install the paper system at the pool deck replace slash repair the stamped concrete at the parking area and restore the planter to the original condition. so my question is it says note 5 and 8 right here so my other question to you is when you look at this picture does this look like last july that the contractor put everything back don't know it doesn't look like it to me does that mean anything's wrong no this could be pure speculation here but like i said sometimes failure modes have many potential causes so water getting in through here maybe it's unprotected here at this point water getting into these planters although these we know have drains we don't know if this has drains or this or this we don't know if that makes enough weight to crash through but it might if you have a weakened concrete deck that has been weakened from years of cracks and faulty repairs now let's look at the palm trees oh palm trees what oh you didn't know they had palm trees there they took them out let's take a look yes sir folks you want palmtrees we got palm trees look at that what have we here they used to have palm trees in all of these planters on the deck and you can imagine some of these taller ones add up quite a bit now i believe these are sable palms and if they are weigh about 100 or 150 pounds per foot so this one's probably 20 these are probably 17,18 feet here who knows taken by google's car when they drove next door when there used to be a road there it is march 2015 is when this was taken here and we saw that it was there in 2014 as well so they were probably added in that 1996 redecking that was done because i buy properties a lot i spend a lot of time on the sat photos of the different property appraisers office so here's the dade country one and here's the view of hte property and you can see the year 2017 they still had those palm trees up so here's our answer because here is the aerial photo for 2018 from the property appraiser and the palm trees are gone i don't know why they were taken out what their reasoning was or how they took them out and then you could see next door the construction is going on in that 87 park condominium this is the one that the residents here in the building were complaining that during the building was getting a lot of pounding from next door here and some people are saying well maybe that brought the buildings down so we have no evidence of that kind of thing happens all the time in miami never had a problem now here's 2019 shot and you can see onece again palm trees are gone and then of course here's the 2020 and again palm trees gone i don't know why they took out all of those palm trees but it must have been a big undertaking and they must have used a crane of some type so where did that crane park or did they use heavy forklifts that maybe should not have driven on here so that's another thing to think about i want to know how they extracted those trees more questions folks every picture we look at more questions. so here's another thing i wanted to show you here is this is a video from the wolfson archives i cann't play it because they would charge 600 for this so i'm just showing you the screenshot here from youtube where it's on here but many news stations never even reported this but there was a crane collapse during the construction of the champlain towers that took place on june 9th 1980 so you can go to youtube and check out their video there for that and you can see again this just keepa adding more and more questions did it cause any issues. you know where did this crash happen did it cause any problems for the foudation to get some clarity folks we go here to the original 2018 now famous engineering report from orabito that told the condo board what they needed ot do all right so in that report here he shows a couple of photographs that were taken of the garage ceiling and look at this folks this right here i'm pretty sure is the pipes from one of those drains in the deck possibly one from inside one of the planters but even so even though we have drains there look it was all cracked all the way around at that telltale stress crack that stretches out in like four different directions and look at the huge stalactites there they still had problems even around the drains and then he points out here this really bad injection job here where they did some epoxy injections but it was done by somebody who didn't know what they were doing and in many cases they left the injection ports still hanging out so read along here they recommend that te entrance pull that concete slabs that are showing distress be removed and replace in their entirety that's how bad he thought it looked unfortunately they are under brick pavers the deck of where you pull in with the cars has the planters and the stamped concrete but they require waterproofing replacement all repaired concrete slabs located in the parking garage are to be repaired in accordance with the eye cry and that's the concrete repair standars and then right here near the top of page seven of his report he says however the waterproofing below the pool deck and entrance drive as well as the planter waterproofing is beyond its useful life and must be completely removed and replaced failed waterproofing is causing major structural damage to the concrete structural slab below that area failure to replace the waterproofing in the near future will cause the extent of the concrete deterioration to expand exponentially see so he's not even saying it's going to happen very rapidly from here their approach is different from what is specified in the contract documents in numerous aspects which are described below this is the crux of where i sort of tend to disagree with him a little bit he's claiming here the reinforced concrete slab is not sloped to drain the water sits on the waterproofing until it evaporates this is a major error in the development of the original contract documents developed by this is the original architect if you look here there's a picture the architect did show the sloping to the drains so either it wasn't sloped to the drains when the contractor built the place or somebody came along later and did something and made it flat or maybe the paver guys did something to it we don't know there's a lot of unanswered questions here so in 1996 a contractor came in did a 156 thousand doller job for plantar waterproofing paver installation concrete structual repair in the parking garage contractors letter to the city said they were going to repair 500 lineal feet a pe engineer signed off on it later that year now this is that famous family that barely escaped with their lives they lived right here in unit 111 which is directly in front of column m10 was that failed that we think their unit is directly over the garage and it's directly over that point everything fell that's why they heard all of that noise and pouding and they were wondering if there was construction going on so she runs out here goes to the lobby talks to the security guard complains about it tells them to call 9-1-1 because she hears the pounding and then sees the garage collapse right over here they all take off running out the front door and then you hear the famous 9-1-1 phone call another thing i didn't like it this is from the garage looking east towards the pool deck i didn't like the way all of these rebars just stripped right out of the ceiling it looks like it came right out of wet concrete they seem to be corroded hanging up there see that and why are they only stripped clean like there's not even a chunk of concrete hanging to them like this right here all of them around the whole rubble pile were like this so this will help explain why the concrete can crack from the water so in a normal paver brick pool deck area we should have our concrete here the yellow represents waterproofing and then usually about an inch of sand and then the pavers go on top and then the drain on the top of there the deck still should be slanted downward so now we're showing you what happens with rain and the water just sits there and it pulls and it doesn't have anywhere to drain and it tries to slowly percolate through the sand and water weighs eight pounds per gallon and remember even throughout a little grout lines here between all of the pavers here little channels you are going to have water sitting there and even above you saw in the photo so that's going to have a lot of weight well we still have a lot more about in this condo collapse

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック