FC2ブログ

シャンプランタワーズ南の崩落でどのような秘密が明らかになりますか? その基盤を見ていきます(4)

シャンプランタワーズ南の崩落でどのような秘密が明らかになりますか? その基盤を見ていきます(4)

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

さて、地盤沈下について話しましょう。90年代の建物は、平均して年間2ミリメートル沈下していました。これにより、いわゆる不等沈下が発生します。このビデオを作成する前に、実際には地盤工学会社と呼び、地盤工学の主任エンジニアと話をしましたが、私たちはこれらのことのいくつかに取り組みました。これはすべて健全な推論であり、何が起こるかというと、彼は本当にうまく追いついていないので、実際には何も知らなかったと言いました。サーフサイド崩壊の詳細については、シャンプレーンタワー南が崩壊しましたが、建物が年平均2ミリメートル沈下していると彼に言ったとき、彼の最初の反応はすごいものでした。初日から私が言っていることは、それがストレスにつながったことは絶対にわかっていますが、ストレスにつながる可能性があることを私たちは絶対に知っています。 建物は、平均して1年に2ミリメートル減少しており、建物全体とそのすべての杭があります。つまり、この建物にはおそらく100を超える杭が単純にあるということです。すべての既成杭頭とその構築方法の基礎全体すべてで、建物がすべての平方フィート全体に均等に沈むことは絶対にありません。したがって、何が起こるかは、不等沈下と呼ばれるものであり、私はこれを描きました。少し誇張していますが、この杭頭の上部がかなり落ち着いていて、この杭頭の上部が少しだけ落ち着いていることがわかります。これにより、床が交差する場所でこれらの接合にこの応力が発生します。この床が水平に落下しておらず、斜めに落下していて、柱の線全体に沿って落下していることがわかるため、柱はそれらの接合部に応力を発生させます。これにより、建物全体で上昇するすべての床に応力が発生します。ストレスひび割れなどの証拠を作成することを知っているとは思いませんが、通常はそうだと思いますが、実際にはストレスひび割れを作成する必要がありますが、現時点ではそんなに自信がありません。建物の劣化の程度による応力亀裂は、建物の剥離やその他の亀裂と区別または区別されていたので、私が言っていることがわかるので、1つまたは2つが起こっていることを識別するのは難しいかもしれませんが、再び異なる不等沈下、それ自体で建物を破壊することはありません。私はこれを取り上げて、不等沈下が要因である可能性があることを指摘するだけです。たとえば、nistがすべてをまとめると、彼らは見つけることができます。

基礎がすべて噛み砕かれた1つの列が見つかり、それが最初の出来事の引き金でしたが、計算では、建物の残りの部分は崩落していない必要がありましたが、他の部分の建物は不等沈下からのストレスにさらされていたので、これらのものをどのように追加し始めるかを見ることができ、建物を崩壊させるための出来事となる完全な嵐のようにこれを作成できます。それで、なぜ私はここにコンクリート床の下に隙間スペースがあったかもしれないと思うのですか、そして土壌があったかもしれない場所はなぜ私は考えないのですか?これらのタイプの建物のオプションの1つは床が配置された可能性があるからです。床がそこにあった可能性があるので、杭頭の真上にありますが、なぜ床が杭頭の上にうまく配置されていなかったと私は信じているのですか?それが理由の1つです。床が杭頭に取り付けられている場合、床が杭頭に取り付けられていて、地下水面がここに来て、ここに地下水面があり、ここまで水が来ている場合は、これを見てみましょう。その底に、その水がこのように横断し、次にそのように横断してこれらの柱を濡らすことは非常に難しいでしょう。そしてあなたが私のところに戻ると私が思うことの1つは本当に興味深いです。前回のビデオで私はそれについてあまり言及しませんでしたが、私はそれからいくつかの静止画を引き出しました。最後のビデオでは、駐車場のほとんどすべての列の下部に、今は彼女の名前を忘れているビデオがありますが、彼女が記録したフロリダ国際大学の教授はそれを見ることができます。

あなたはこの水が汚染されているのを見ることができます。そして私がしたことは私がこの列をこの105、106列に取り、そして私がそれをここの左側で破壊しそして私がそれの対照を強調したことでした。そしてあなたは実際にその底を見ることができます。柱は飽和しているように見えますが、濡れているように見えます。なぜそれがとても濡れるのか、そしてなぜすべての柱がいつもとても濡れるのかについてのよりもっともらしい説明の1つは、この高地下水面があり、どこかに隙間空間があるからだと思います。溜まった水は、下の柱を飽和させてスポンジのように吸収し、地球の奥深くから下からやって来て、ここにあるように現れて、上を指す矢印を描くだけです。それが見えるその水染み線またはそこの湿った染み線。これは52列目の別の列です。もう一度破壊して強調しましたが、濡れているように見える場所がわかります。その列の下部に水線があるように見えます。もちろん、前のビデオでも話しました。地面の水たまりをどのように見ることができるかについて、そして私たちは柱で見ることができるこの剥離について話しました。そしてあなたはこのコンクリートのある部分がそれが切り取られてある時点で取り替えられたように見えることを知っているという事実これらは、この床の下で多くの水害が発生したか、水たまりが発生したように思われると言っている種類の要因です。 このビデオで描いたように、隙間空間があった可能性があると思うもう1つの理由は、構造図の図面s3の詳細であり、これらは1980年のものであり、ここに杭が表示されます。杭頭が、杭頭のすぐ上に床が表示されていないことを示していますが、実際には、杭頭から出てくる柱のコンクリート柱が表示されており、地下レベルに移動するとその上に表示されます。 1980年の構造計画は、元の構造図の図面s4であり、すべての柱の位置で、駐車場床の補強材に金型を入れていたことがわかります。駐車場床が実際に既成杭の上にある場合は、金型補強は必要ありません。これらの杭頭は正しいので、架けるために鉄筋が必要です。これらのものがあり、それらの間にまたがる鉄筋だけが必要であり、もちろんこれらの間などを知っていますが、柱からのせん断による金型に抵抗するために薄い鉄筋を金型補強する必要はありません。 16のナンバーファイブと16のナンバーファイブが必要であり、このように詳細に説明されている唯一の理由は、地下床が実際にある種の短い柱の上にあることを彼らが知っている場合です。要約すると、私は他にもいくつか指摘したいと思いました。これがもっともらしい説明であると感じた理由の1つは、乾燥した日に濡れているだけでなく、撮影されたビデオを見てください。私が補足したのは最後のビデオかもしれません、そしてあなたは地面が濡れていて柱が濡れているのを見ることができますが駐車場には水がありませんが駐車場にたくさんの水があったときそれは保守点検管理人や何かが住民のように話しかけるいくつかの報道機関について報告し、彼らはただポンプで汲み上げてポンプで汲み上げるだけで、水を出すことができず、あなたがそうならない唯一の理由だと言いました。あなたが汲み上げているよりも速く水が入らずに表面から水を汲み上げることができるのは、床の下に貯水する水を貯水する場合、私たちがいわゆる水の集まりのようなものを実際に汚し​​ている場合であり、それはあなたのものを置き換えるだけです。ポンプアウトしているので、結論はこれがビデオであることをもう一度知っています。基礎については、地盤沈下についてです。駐車場床の下にある可能性のある隙間空間についてであり、これらの柱を検査する必要があり、構造的に損傷している可能性があり、杭頭が構造的に損傷している可能性がありますが、これもこれらはほんの一部です。パズルと私が皆さんに残したいことの1つは、すべての情報が重要になるまで重要であるということを思い出させることですが、単一の情報は動かぬ証拠ではありません。最終報告書は、私たち全員が気付くものであり、おそらく同意するでしょう。それは、この建物がこのように一瞬で崩壊した原因である多要因の原因であり、このビデオでそれを実現するだろうと彼らは言うでしょう。

What Secrets will be Uncovered at Champlain Towers South Collapse Site? We look at its Foundation. <4>

Building Integrity

so now let's talk about the subsidence going back to that right we know the building in the 90s was subsiding two millimeters per year on average and that will create what's called differential settlement i actually before i made this video i actually called the geotechnical engineering company and talked to the lead geotechnical engineer and we kind of worked through some of these things and this is all sound reasoning and so what will happen is and i mentioned to him actually he didn't know anything because he hasn't really been keeping up greately on the details of the surf side collapse the champlain tower south collapsed but when i told him that the building was subsiding on average two millimeters per year his first reaction was wow that must have caused a lot of stress in the structure and so that's sort of something i've been saying since day one not that yes we know absolutely that it has led to stress but that it could have led to stress and so here's how it works if the building on average is dropping two millimeters per year there the whole building with all of its pilings i mean there's probably over 100 pilings easily on this building all of all the precast pile caps and the whole foundation the way it's built there's absolutely no way that a building settles evenly throughout every squqre foot of its body and so what will happen is something that is called differential settlement and i drew this and this is a bit of an exaggeration but you can see that the top of this piling cap has settled a lot and the top of this piling cap has only settled a little and so what this creates is this creates this stress on these joints here wherever the slab meets the columns it will create stress on those joints because you can see that this slab is not falling level it's falling at an angle and it's falling with the whole column line so this creates stress on every floor going up throughout the whole building now you could say well wouldn't that you know create evidence of stress cracks and stuff like that and i would say yeah usually it would and in fact it should create stress cracks but i'm not at this point extremely confident that stress cracks with how deteriorated the building was would have been distinguished or differentiated from spalling and other cracks in the building you see what i'm saying so it might have been difficult to discern that one or two was going on but again differential settlement doesn't usually by itself take down a building i only bring this up to point out that the differential settlement could have been a contributing factor so for example when nist puts everything together they may find out. we found one column that the foundation was all chewed up at and it was the thing that triggered the first event but our calculations show that the rest of the building should have stayed up but then you add in well what if the some other part of the building was under stress from differential settlement so you can see how you start adding these things up and you can create this like perfect storm of events to cause the building to collapse. so why do i think that there may have been a void space in here below the concrete slab and where the soil may have been why don't i think because one of the options for these types of builds is that the slab could have been placed right on top of the piling cap so the slab could have been there but why do i believe that the slab probably was not put on top of the piling caps well that's what i'm going to show you now one of the reasons why is because if the slab was put onto the piling cap let's look at this if you have the slab put onto the piling cap and then your water table comes up to here and here's your water table right and so you got water coming all the way up to here to the bottom of that it would be very difficult for that water to also traverse this way and then traverse that way in order to and then in order to wet these columns and one of the things i think is really interesting if you go back to my last video i didn't mention it a lot but i pulled some stills from that last video you can actually see that the bottom of the columns almost all the columns in the parking garage fom the video that i forget her name now but the fiu professor that she had recorded you can see that there is this water ataining and so what i did was i took this column this 105, 106 column and i blew it up over here on the left and i enchanced the contrast on it and you can actually see that the bottom of the column looks saturated it looks wet and i think one of the more plausible explanations for why it would be so wet and why all the columns will be so wet all the time is because you have this high water table and you have a void space where standing water can accumulate just saturate those columns below and soak up like a sponge and come from below from deep in the earth and come up and present themselves the way it's presenting here and i'll just draw the arrows kind of pointing to the top of that water stain line that it looks like or wet stain line there. here's another one of column 52 and again i blew it up and enchanced it but you can see where it apears to be wet there's see there appears to be a water line at the bottom of that column and of course in the previous video we also talked about how you can see water puddles on the ground and we talked about this spalling here that we could see on the slab and tha fact that you know that some part of this concrete looks like it was cut out and replaced at some point so all of these are sort of factors that are saying there may have been seems like there was a lot of water damage occurring or water pesence occurring underneath this slab you know what's below right that's kind of the question the other reason why i think there might have been a void space as i've depicted in this video is because the detail on sheet s3 of structual drawings and these are the 1980 ones they show the pilings here's your pilings they show the piling cap put cap but they show they don't show a slab right on the pile cap they don't show that at all in fact they show a column concrete column coming up from the pile cap then on top of that when you go to the basement level framing plan dated 1980 this is sheet s4 from the original structual drawings you can see that at every column location they had put punch through reinforcement in the garage slab. now if the garage slab is actually sitting on top of the precast pilings you wouldn't need punch through rebar you would simply need rebar in order to span because you would have these piling caps right they were kind of some of them were triangular shaped you would have these things and then you would only need rebar to span between them that's all you would need and then of course you know between these and so forth but you wouldn't need punch through sheer rebar to resist punch through shear from the columns the only reason why you would need 16 number fives and 16 number fives and detailed in this way is if they knew the basement slab was actually sitting on top of some sort of short column. so you know i in summary i wanted to also kind of point out a couple other things one of the reason why i felt that this could be a plausible explanation is not only is it wet on dry days right look at that that video that was taken that i covered in may last video and you can see that the ground is wet and that the columns are wet but the garage doesn't have a foot of water in it but then when the garage did have a lot of water in it it was reported on several media outlets who would talk to like the maintenance man or something or residents and they said that they would just pump and pump and pump and they couldn't get any of the water out and the only reson why you wouldn't be able to pump the water off of the surface without it coming in faster than you're pumping it is if there's actually stain a what we call a like a collection of water if you will storage water storage underneath the slab and it's just replacing what you're pumping out so conclusion you know again this is a video about the foundation it's about soil subsidence it's about this possible void space underneath the garage slab and that those columns need to be inspected and they may be structually damaged and those piling caps may be strructually damaged but i but again these are just pieces of the puzzle and one of the things i want to leave you guys with is a reminder that evry piece of information matters until it doesn't but no single piece of information is the smoking gun and i think that's going to i think even when nist releases their final report that's something we're all going to realize and they're going to probably agree to is they're going to say it's a multi-factor cause that caused this building to collapse well that will do it for this video i appreciate.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック