FC2ブログ

シャンプランタワーズ南の崩落でどのような秘密が明らかになりますか? その基盤を見ていきます(2)

シャンプランタワーズ南の崩落でどのような秘密が明らかになりますか? その基盤を見ていきます(2)

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

ここでは、これをもう少し詳しく説明するために休憩を取りますが、基本的にプレキャスト杭が釘で地面に打ち込まれているので、クレーンを使用していることを説明する最も簡単な方法です。クレーンがここにあるおもりを持ち上げ、そのおもりが2番目の図のように杭に落とされ、最終的に杭が地面に必要な高さになるまで、杭が地面に押し下げられます。次に、その基礎の残りの部分を構築します。文字通り概念的にプレキャストされた杭は、実際には地面に打ち込まれる巨大な釘にすぎません。プロジェクトですべての釘を地面に打ち込むと、次のようになります。これにより、これらはプレキャスト杭の上部になり、鉄筋が突き出た状態になります。これらにはそれぞれ4つの鉄筋があり、土を追加したり、その上に杭頭を構築したりする準備ができています。しかし、このプロジェクトが最終的に切り替えた基盤である他のタイプのスタイルは、事務処理で、ピフパイルと呼ばれるものに切り替えられるか、フランキーパイルと呼ばれるものであり、そうではないことを示します。最近よく使われていますが、70年代から80年代にかけて勢いを増していたと思います。

フランキーパイルの背後にある考え方は、端にセメント栓を付けてスリーブ菅を地面に押し下げ、そのスリーブ菅が深さに達し、栓を打ち出すと栓がうまく打ち出されるというものです。 基礎の下部にあるこの球根状の形状を左上のここに拡大しました。想像できるように、この球根状の形状は、追加の先端支持力を提供しますが、他のことは、そのコンクリートを押すことです。 材料が土の奥深くに出て行くと、実際には土が締固められるので、土自体が基礎の底に沿って締固められ、性能の向上が得られます。

ここに杭を入れたら、ここの下を見下ろすと杭ができます。この例では、フランキー杭かプレキャスト杭かは関係ありませんが、ここに杭があり、その杭が来ているはずです。 基礎に上って、他の写真で見たその鉄筋があり、それは私たちが杭打ちキャップと呼ぶものになります、そして杭打ちキャップは杭の周りに注がれるコンクリートの大きな塊であり、そして杭打ちキャップから柱の線に突き刺さる鉄筋と柱の線が完全に上がるので、ここで柱を参照します。もちろん、建物をパンのスライスのように見ると、これがスラブ領域になります。 これもここにある別のスラブです。

だから私はあなたにこれを写真の形で本当に素早く見せますので、これが杭の上部です。これらはたまたまプレキャストされていますが、それらはピフ杭またはフランキー杭である可能性があります。そしてシートs3を見ると構造図今私は1980年1月に作られた1980年版を見ています。そしてそれらはすでにpifファイルに切り替えられていたので、これらはフランキーパイルであり、皆さんが見ているこれらの詳細は請負業者にどれだけ大きくするかを伝えています。杭の周りに杭頭があるので、ここの円は上から見下ろしているような杭のようです。この三角形の形状は、杭の周りに構築される杭頭です。これに似たものの写真です。これが三角形の杭の周りの木製型枠です。ここに3つの杭があります。これが1つの鉄筋です。ここに2つ目の杭頭用の鉄筋があり、少し見づらいですが、中にはいくつかの鉄筋があります。ここにあり、他の鉄筋はここにあります。隠されているようなものですが、ここに3つの杭があるので、この周りにこの三角形の土台を形成します。次に、柱のすべての鉄筋を作成して、柱が構造的に結合されるようにします。杭頭に今やろうとしていることは、彼らがここにやって来て、この杭頭のすべてをコンクリートでいっぱいに注ぐことです。プロジェクトの次の部分を構築できるように、この鉄筋を柱に貼り付けたままにしておきます。いっぱいに注いだ後の外観は次のようになります。これが杭打ちキャップ(杭頭)です。 これが柱の鉄筋が突き出ており、その上に柱を注ぐ準備ができています。

現在、一部のプロジェクトのこの時点で、作業しやすいスペースがないため、実際に先に進んで充填を追加します。 これは地盤の奥深くにあり、彼らは通常これに対応するために地盤のいたるところを掘ってきました。 だからこれは地球の奥深くにあり、それから彼らは先に進んでいくらかの充填を追加します。 彼らは先に進んでこのコンクリートを柱に充填し、それから彼らはその周りに捨てコンを充填します。 そのため、表示されるのは基礎から突き出ている柱の基部だけであり、この次の図でそれを確認できます。
これは、すでに杭を打設した場所の写真で、すでに杭頭補強は施工済です。そして、充填を追加し、柱のコンクリートの一部をすでに充填しています。ここで柱が捨てコンから突き出ているのを見ることができ、ここに柱があります。次にこの鉄筋は次の柱のセットを上げるためのものであり、柱を柱に緊結する方法は先に進んで、これに鉄筋を追加します。これをラッピングと呼びます。隣に鉄筋を置き、縛ります。ここまで充填することができます。その後、鉄筋をたくさん緊結し、鉄筋を追加してから、より多くの柱に充填することができ、これを行っている間、通常はスラブも施工しているので、プロジェクトがプレキャスト杭からフランキー杭に変更したことを前に述べました。それが正確で真実であると私が信じる理由は、私が持っている元の計画図面からすべての構造図を引き出し、並べ替えて整理し、日付で確認したからです。

工事計画について私はそれらを整理し、日付でチェックしました。プレキャスト杭を実際に示す図面は2つしかないという図面と、ここにあるこの詳細はプレキャスト杭を示しており、それらの図面には日付がありませんが、ここにあるフランキー杭を示す杭の詳細では、そのpifを見ることができます。この詳細は1980年1月17日付けであり、これが最終設計であると私が信じる理由は、それが図面の改訂であり、1980年の改訂日であるだけでなく、建設が1980年の非常に早い時期に始まったことも知っているからです。建設を始める直前に、使用しない予定の基礎に計画を変更するのは非常に奇妙なことですが、それは少し異例なので、話しましょう。これは、彼らがフランキーパイルに変更したことを示しています。それが重要である理由は、土の下にある端にコンクリートの塊があるフランキーパイルを覚えている場合、それが土に押し出され、次に土がそのフランキーの端に押し戻されるためです今、それが重要である理由は、私にとって、それがpif杭に切り替えるためのコスト節約策であった可能性があること、または彼らが土壌試験を行ったためにpif杭に切り替えた可能性があることを示しているためです。彼らが建設を始める前に、彼らはプレキャスト杭を使用して十分な支持力を得ることができるという問題を抱えていたので、これらの終わりと底部の土壌を圧縮する能力のためにフランキー杭に切り替えた可能性があります。より多くのエンドベアリングサポートを提供する他のことにも気付くでしょう。プレキャスト杭はスペックされており、私はそれを大きく書きますが、フランキー杭は150トンを供給するように仕様されていたのに対し、それらは杭あたり50トンの荷重を提供すると予想されます。したがって、必要なものも少なくて済み、施工がより簡単で高速になります。また、プレキャスト杭と比較してフランキー杭の優れている点は他にもあります。

What Secrets will be Uncovered at Champlain Towers South Collapse Site? We look at its Foundation. <2>

Building Integrity

i'm going to get a break to break this all down a little bit more detail here for you but essentially precast piles have driven in nails into the ground it's probably the easiest way i can explain it they use a crane. the crane lifts up a weight which is here and that weight is then dropped down onto the pile as in the second pictue and then that pushes the pile down further into the ground until eventually you get the pile to the height that you want into the gound and then you build the rest of your foundation off of that so literally conceptually precast piles are really nothing more than giant nails that are driven into the ground and once on a project you've driven all the nails into the ground it will look something like this so these are the tops of precast piles and you're going to have some rebar sticking up out of them. these have four rebar each and these are ready for more soil to be added and for the piling caps to be built on top of them. but the other type of style which is the foundation that this project ended up switching to and i'll show you that in the paperwork is they ended up switching to what's called a pif pile or we call it a frankie pile and they're not commonly used a lot these days but i guess they were gaining some traction in the 70s and 80s and the idea behind a frankie pile is that a sleeve is pushed down into the gound with a plug a cement plug at the end and then that sleeve reaches a depth and that plug is hammered out well when that plug is hammered out you end up with this bulbous shape at the bottom of the footing and i kind of zoomed in on it up here at thetop left and this bulb of shape as you can imagine gives you extra end bearing support but the other thing that it does is by pushing that that concrete material out into the soil down deep you actually end up compacting the soil so the soil itself actually ends up being compacted aound the footings which aound the bottom of the footings which gives them enchanced performance. now once you have your piling in here so if you look down at the bottom here you've got your piling it doesn't matter if it's a frankie pile or a precast pile in this example but here's your piling and that piling would have come up into the footing and it had that rebar that you saw in the other picture and that comes up into something we call a piling cap and a piling cap is a big chunk of concrete that is poured around the pilings and then from the piling cap there's rebar that sticks up for your column lines and your column lines go all the way up and so we're referring to that right here at the columns and then of course looking at the building like a slice through bread this is your slab area right here and this is also another slab up here so i'm going to show you this to you real quick in picture form all right so here's the top of your pilings these happen to be precast but they could be pif pilings or frankie piles and then if you look at the sheet s3 from the structural drawings now i'm looking at the 1980 version made in january 1980 and they had already switched over to the pif files so these are the frankie piles and these details here that you're looking at is telling the contractor how big to make the piling cap around the piles so these circles here are like the piles shown from the top as if you're looking down at it and then this triangular shape here is the piling cap as it's to be constructed around the piles and i've got a picture of one similar to that so here's your wood framing around your triangular pile you've got three piles in here here's the rebar for one here's some rebar for a second pile cap and it's a little hard to see but there is some rebar back in here it's right here and the other bars are kind of hidden but you've got three pilings in here so they form up this triangular base around here and then what they're going to do is they're going to make all the rebar for the columns so that the columns are structurally tied into the piling caps as well now what they're going to do then is they're going to come over here and they're going to pour all of this pile cap full with concrete and they're going to leave this rebar for the column sticking up so that they can construct the next part of the project and what that will look like after they pour that full is it will look something like this so here's your piling cap. and here is your column rebar sticking up ready for the columns to be poured on top of it now at this point in some projects they will actually go ahead and add the fill because none of this is livable space. this is deep into the earth and they've usually escavated the earth around to accommodate this. so this is deep into the earth and then so they'll go ahead and add some fill. they'll go ahead and pour this concrete column and they'll pour that up and then they will add dirt around it. so that then all you see are column bases sticking up from the footings and you can see that in this next picture. this is the picture where they've already built they've already installed the pilings. they've already built the pilings caps. and they've already added the fill and they've already poured some of the concrete for the columns. so you can see the columns sticking up from the dirt here and you've got a column here and then this rebar here is for the next set of columns to go up and the way you would tie column to column together is you would go ahead and add more rebar to this by what we call lapping it you just put them next to it you tie them off and then you can pour up to here and then you just continue you pour htis much column and then you add more rebar and then you can pour more column and while you're doing this you're building the slabs as well typically all right so i mentioned before that the project had moved from precast piles to frankie piles the reason why i believe that's accurate and true is i've gone through i've pulled out all of the structural drawings out of the original plan set i've sorted organized them and checked them by date. plan set i've sorted organized them and checked them by date. the drawings that there's only a couple drawings that actually show the precast piles and this details up here is showing the precast pile and those drawings are undated but the pile details that show the frankie piles which is right here you can see that the pif. this detail here is dated 1980 january 17th and the reason why i believe this is the final design is because not only is it a revision to the drawings and it has a revision date of 1980 but we also know that construction started very early in 1980 so it would be very odd to do a plans change to a foundation right before you start construction that you're not going to use that would be a little atypical so let's talk about so this is showing you kind of they moved to the frankie pile and the reason why that' important is because if you remember the frankie piles that have concrete mass at the end of them that's under the soil and so that it pushes out against the soil and then the soil pushes back in against that the end of that frankie pile now the reason why that's important is because to me that indicates it could have just been a cost saving measure to switch to the pif piles or it could have been that they switched to the pif piles because they were they had done the soil test right before they started construction and they had problems with the soil being able to get enough bearing capacity using precast piles and so they may have switched to the frankie piles because of the ends of these things and their ability to compact soil at the bottom and to provide more end bearing support the other thing too you'll notice is that the precast piles are specced and i'll write it bigger but they're expected to provide 50 tons of load per pile whereas the frankie piles were specced to supply 150 tons so you would also need less of them it would be simpler and faster to build and the other thing that's nice about the frankie piles compared to the precast piles is

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック