FC2ブログ

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その2

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その2

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

これについて興味深いのは、この白い領域がここに表示されていない部分です。 これは私たちがそれらをアメニティデッキと呼ぶプールのアメニティデッキですが、それはプールデッキです。 これが赤で強調表示されている写真です。最後の図面で丸で囲んだ3つの列です。 次に、プールデッキと、プランターボックスという部分について言及したことを覚えている場合は、そのレポートで引用しているものの1つです。したがって、これらの3つの列を見ると、ここの列の真上にあるプランターボックスがあり、Googleの画像は この時点では悪いですが、ここに別のプランターボックスがあります。この列にはプランターボックスがありません。 しかし、ここにはプランターボックスがあり、プランターボックスは2018年にエンジニアから大きな問題であり、水漏れや水の侵入の原因であるとかなり厳しく批判されました。 プランターボックスの興味深い点は、このフロアの柱の下2フィートを隠していたため、プランターボックスが適切に防水されておらず、プランターボックスの領域内で、私がカーソルで示した場所で、これらの柱が深刻な腐食損傷を受けていた場合です。皆さんはプランターを掘り起こして調査したことを本当に知らないでしょう。だとすれば、それがこの時点で可能になったとして、腐食のレベルがどこにあったかを彼らが発見する可能性があることは興味深い。

もう1つ言及されたのは、地下階に海水が入っていた場合の海水です。戻ってその計画を立てます。これが駐車ガレージです。海面があれば、海水がここに流れ込んでいます。氾濫は季節的に、または潮の満ち引き​​などによって起こりますが、水がこれに流れ込み、それが塩水である場合、損傷の量と私が損傷を言うとき、私は必ずしもひび割れや剥離のような意味ではありませんが、私が言っているのは炭酸化と炭酸化と呼ばれるプロセスによるコンクリートの弱体化ですが、この下の階に海水が溜まっていると、そこに溜まっている時間とその水に含まれる塩の種類によっては、これらの柱にひどい損傷を与える可能性があります。皆さんがよく考えているが、私たちにはコンクリートの桟橋とコンクリートのドックと橋があり、それらは水に入るコンクリートの杭を持っていて、それらはこの種の損傷を受けず、よく詰め込まれています。ここフロリダの私たちの水域に架かる橋を渡るようなコンクリート柱があります。これらのコンクリート柱は、あちこちで大幅に修理および交換されていますが、さらに重要なのは、膨大な量のコンクリート柱があることです。コンクリートカバーと使用するコンクリートの水とセメントの比率は非常に低く、つまり、最初にコンクリートを作成したときは非常に密度の高いコンクリートであり、典型的なコンドミニアムの建物では、水はそのコンクリートに非常にゆっくりとしか浸透できません。エンジニアの建築家がそれを指定しない限り、そのタイプの高密度低多孔性コンクリートで設計されることはありません。

絶対に原因要因になる可能性がある限り、原因要因になる可能性があるので、原因要因になる可能性のあるプランターボックスがあります。1階にこの塩水侵入があり、それが最後の要因になる可能性があります。 沈下レポートについてお話しする要因と、それについて興味深いと思ったことがいくつかあるので、2016年のレポートでは、レポートの図表が気に入ったので、これを取り上げたかっただけです。 さて、これらは教授が出した沈下レポートです。申し訳ありませんが、彼の名前を発音できません。uttawinskyやwandinskiなどでしょうか、2016年にレポートを出しました。マイアミビーチのバリアー島周辺を示しています。 ここに私のカーソルが表示されていますが、これは一般的にサーフサイドの場所と南にあるこの建物のシャンプランタワーが配置されている場所であり、それは重要ですが、他のことについて説明する前に、私もあなたに説明したいと思います。この地図を見て、ここにバリアー島があります。ここにカーソルを置いて円を描いています。これをすばやく描画できるかどうか見てみましょう。バリアー島は基本的にここにあります。バリアー島の東側はほとんどの建物が岩盤の上に構築されています。今、私は教授が彼自身のインタビューで私に与えた情報としてそれを紹介しています。これはすぐにあなたに一部を見せます。私はあなたにそのクリップを見せませんが、彼はこれがほとんど岩盤であり、バリアー島の西側はほとんど湿地なので、西側では土地や建物が沈下するという地盤沈下が予想されていましたが、東側では予想していませんでしたが、サーフサイドとこの建物には独特の何かがありました。皆さんも興味深いと思いますが、先に進む前に、今すぐにビデオを再生したいと思います。

※きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。詳細は、下記原文をご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

Surfside Building Collapse - Miami Florida - Other Contributing Factors <2>

Building Integrity

what's interesting about this is the part that you're not seeing this white area right here. this is the amenity deck the pool that we call them amenity decks but it's the pool deck. so here's a picture of that highlighted in red are the three columns that i just that i just had circled on the last drawing. and then here's the pool deck and one of the things they cite in that report if you remember they mentioned the word planter boxes and so if you look at these three columns there's a planter box that goes right up against the column here and google imagery is bad at this point but there's another planter box right here there's no planter box here at this column. but there are planter box here and a planter box here and the planter boxes were pretty severely criticized by the engineer in 2018 as being major problem and a source of water leaking and water intrusion. the interesting thing about the planter boxes is they would have concealed the bottom two feet of those columns on this floor so if the planter boxes were't properly waterproof and if those columns were suffering severe corrosion damage inside the planter box area right where my cursor's pointing you really wouldn't ever know it you dug up the planters and investigated that so that's kind of a going to be a possible interesting thing that they may discover that's where the level of corrosion was if that's even going to be possible at this point the other thing too that was mentioned was the sea water if seawater was getting into that basement floor i'll go back and bring up that plan so here's your parking garage so if sea level, seawater is getting into here and we're having like flooding maybe seasonally or as the tides rise or whatnot but if water is getting into this and it's salt water then the amount of damage and when i say damage i don't mean like necessarilly cracking and spalling but what i'm saying is carbonation and weakening of the concrete through the process called carbonation but you have standing water in this lower floor area then and it would be it could be aggessively damaging these columns depending on how long it sits there and what type of how much salt is in that water and if you're thinking well but we have concrete piers and concrete docks and bridges that are have concrete pilings that go into the water and they don't suffer this kind of damage and stuff well the interesting thing to note would be that those concrete columns like take a bridge that goes over any of our bodies of water here in florida and you have the concrete columns these concrete columns they do get by the way significantry repaired and replaced here and there but more importantly they have immense amounts of concrete cover and the concrete that they use has a very low water to cement ratio and what that means is that when they first make the concrete it's a very dense concrete and water can only penetrate that concrete very very slowly these columns in the typical condo building would not be designed with that type of high density low porosity concrete unless the engineer architect specified it which it's very very unlikely that would happen as far as could it be a contributing factor absolutely that could also be a contributing factor so you have the planter boxes that could be a contributing factor you've got this saltwater intrusion in the ground floor that could be a contributing factor and then tha last contributing factor we're going to talk about to be subsidence report and some things i think i just found interesting about it so in their 2016 report i just wanted to bring this up because i like the graphic in the report. now these are the reports put out the subsidence reports put out by the professor i apologize i can't pronounce his name it's uttawinsky or wandinski or something like that but in 2016 they put out a report and it kind of showing the miami beach barrier island area. now if you can see my cursor here this is generally where the location of surfside is and where this building champlain tower south is located at and that's going to be important but before we get to that on the other thing i want to explain to you too. looking at this map so here's the barrier island i'm kind of circling it with my cursor here and let's see if i can draw on this real quick so the barrier island is essentially here now the east side of the barrier island is mostly built on bedrock. now i'm just taking that as information that was given to me by the professor in his own interview which i'll show you a clip of in a minute i won't show you that clip but he mentions that this is mostly bedrock and then the west side of the barrier island is mostly wetlands so they expected to see subsidence which is that settling of land and buildings on the west side but they didn't really expect to see it on the east side but there was something unique about side and about this building that i think you guys will find interesting but i want to go ahead and play you the video now before we go on.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック