FC2ブログ

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か? (その2)

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か? (その2)

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

そこにある残った建物も崩壊しやすいです。 これらのケーブルは建物全体で端から端まで残っているため、基本的に構造上の整合性はまったくありません。後で少しだけ表示します。ニュースから得た別の写真です。多くのローカルニュースがこの写真を使用しています。 それにはいくつかの角度がありますが、基本的には、これらすべての救助隊員が人々に近づき、そこから救出という素晴らしい仕事をしているのがわかりますが、ここには2つの重要な場所があり、もう1つは見えません。 床のこのセクション全体にはptケーブルが残っていないため、構造的な整合性がほとんどないため、これらの人が作業しなければならない危険な状態を確認できます。現場のエンジニアはこれを認識していると確信しています。 発生する懸念ですが、それは私が皆さんに気づかせたいことです。昨夜見ていましたニュースで、大衆はそこに入ることができず、救助隊員と人々を救出するのを手伝うことができなかったことに非常に腹を立てていましたが、これが残りの建物の状況ですが、理由の1つとして 崩壊しやすく、掘り下げている破片の構成要素でさえ非常に危険であるため、一般の人々をただ歩き回らせることはできません。つまり、人々がそこにいる間に助けようとして人々がこれに負荷をかけているとしたら,別の壊滅的な問題を引き起こす可能性があるため、現場の人々はそれに関しては良い仕事をしていると思います。そして彼らは安全を保護しようとしています。

昨夜私がグーグルの画像を調べていた時に発見した興味深い点は次の通りです。建物の周りの画像のほとんどが実際に2021年1月にグーグルによって再撮影されたもので5ヶ月前に彼らは建物の写真を撮りました。そして、これらの写真の中に皆さんは実際に腐食損傷を見ることができます。これらの沿岸の建物では塩水と塩を含んだ空気がコンクリートに入り、それはコンクリートのphを下げ、鋼の周りの不動態層を減らします。これにより、鋼が錆び、錆びると膨張します。これは、酸化第一鉄または錆が鋼の4倍の体積であるため、圧力が発生し、コンクリートが吹き飛ばされるため、これらはコンクリート破砕と呼ばれます。 ここで皆さんは実際に鋼を見ているところにコンクリート破砕を見ることができます。

現在、フロリダの海岸線で建物を復元する場所では、通常、コンクリートの塊が落ちる前に建物を診断します。 建物なので、これは建物がいくつかの深刻な腐食問題に対処していて、ある種の構造的な作業を行うための意見が遅れていたことを示しています。 そして、私はそれがこれらの2つの小さな場所だけでなく私の意見を強化する理由をもっと写真で示します。さて、ここに建物の別の部分があります。ここの右側に、ここの鋼を覆うコンクリートの覆いがたくさん欠けているのがわかります。 ここにモールスボールがあります。ここにもモールスボールがあります。ここに別の破片があります。そして、これらすべての場所で実際に鋼が見られますが、皆さんは考えなければなりません。 しかし、ここのような場所はたくさんあると思う必要があります。ここには、おそらく問題に関係する風化のある小さな場所がありますが、コンクリートがまだ建物から壊れていないだけです。 別の視点で角度が少し小さいですが、ここに鋼が露出していてコンクリートが欠けていることがわかります。また、このベランダには非常に大きな天井の塊が欠けていることがわかります。 ここに別のコンクリートボールがあります。 コンクリートの破片の始まりがあります。 ここに別のコンクリートの破片があります。 ですから、これらの写真を見てみると、この建物には、コンクリートの修理プロジェクトの準備ができているか、または期限が過ぎているという兆候がたくさんあったことがわかります。 そして、私がそれに入る理由は、私が皆さんにいくつかのより多くの写真を本当に早く見て頂きます。グーグルの画像からグーグルの車が撮る360度の画像を見上げると、一日中ここに座って鋼が露出している場所を見つけることができますが、私が持ってきたかった理由はここにあります。これは重要です。ポストテンションの建物では、アンカーがスラブの端まで完全に出て、アンカーがここまで出てくるか、壁の端まで出てくるからです。そして、これらのアンカーが腐食することが許され、ケーブルの張力が解放され、ケーブルの張力が解放されると、スラブは本質的に構造上の完全性をすべて失い、ケーブルの数が多すぎると、建物が実際に崩壊する可能性があります。昨夜のニュースで私が本当に興味深かったと思ったことの1つは、地元のニュースステーションの1つが家族にインタビューしたという報告でした。これらは主要な構造上の問題であると認識していますが、彼は、建物に住んでいた母親が、今までに不満を言ったのは夜のきしみだけだと言っていました。

Surfside Building Collapse - Miami Florida - What Caused the Collapse?<2>

Building Integrity

the remaining building that's there very susceptible to collapse as well. it essentially has virtually no structual integrity in it left whatsoever because these cables end to end throughout the building which i'll show a litttle later here's another screen grab i got from the news i mean a lot of local news have been using this photo and there's a coupple angles of it but essentially you see all these rescue workers doing a wonderful job trying to get to people and tring to get them out of there but there's two post shores there's one here and there's another one you can't see. and this whole section of slab has no pt cables left in it so it has like virtually no structual integrity so you can see the the dangerous conditions that these guys are having to work in i'm sure the engineers on site are aware of this and the concerns that creates but that's just something i want to make you guys aware of. i know in the news i was watching last night the public was very upset that they weren't able to get in there and try to help dig people out and the rescue workers but this is one of those reason why because the remaining building is so susceptible to collapse and because even components of the debris that they're digging in and diggingunder are so dangerous they can't just have the public walking around. i mean imagine if people were on top of this adding load to it because they were trying to help out while these people are under there that could cause another catastrophic problem so i think the people on site are doing a good job as far as that's concerned about and they're trying to protect the safty. so here's what's interesting i discoverd last night i was going through the google imagery and one of the things i found really fascinating is most of the imagery around the building was actually re-shot by google in january of 2021 so january of this year about five months ago they took pictures of the building and these pictures you can actually see that the corrosion damage so in these coastal buildings salt water and salt-laden air gets into the concrete it lowers the ph of the concrete which reduces the passivity layer around the steel which allows the steel to rust and when the steel rusts it expands because ferrous oxide or rust is four times the volume of the steel that it comes from so that pressure sort of builds up and then it blows out the concrete and so we call those concrete spalls and here you can see a concrete spall where you're actually seeing steel here okay. now where we restore buildings in on the florida coastline we are usually catching the buildings before chunks of concrete falling off. the building so this is a sign that building was dealing with some serious corrosion issues and was past due in may opinion for getting some sort of structual work done. and i'll show more pictures why that strengthens my opinion not just these two little locations. all right so here's another part of the building and you can see over here on the right you're missing a lot of concrete cover over the steel here. you've got morse balls here you've got morse balls here you got another spall here. and in all of these locations we're actually seeing steel but you got to think. but you got to think there's a lot of locations like here's a little location with some efflorescence that is also probably dealing with poblems but it just hasn't the concrete just hasn't broken off of the building yet. here's another perspective and angle it's a little smaller but you can see that there's steel exposed here and concrete missing and you can also see that there's a very large chunk of ceiling missing on this lanai. and we have another concrete ball here. we've got the beginnings of a concrete spall. here we've got another concrete spall here. so as we go through and we look at these photos, we can see that there was lots of signs on this building that it was ready for or past due for a concrete repair project. and the reason well i'll get into that let me show you some more pictures real quick. so here's one kind of looking up from the google imagery the 360 imagery that they the google car takes and you can see i mean just i could sit here all day and find locations where there is exposed steel but so the reason why i wanted to bring this up that is important because in a post-tensioned building there the anchors come all the way out to the slab edges so the anchors come all the way out to here or they come all the way out to the end of the wall. and if these anchors are allowed to corrode and what will happen is that the tension in the cable be released and if too many cables release their tension the slabs essentially lose all of their structual integrity and once you lose too many cables the building can actually collapse one of the things i thought was really interesting in the news last night is one of the local news station was report was interviewing a family member and they said we weren't aware of any problem which is fine because most civilians non-engineers wouldn't recognize these as being major structural issues but he was saying that his mother who lived in the building the only thing she ever complained about was creaking at night.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック