FC2ブログ

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か?(その1)

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か? (その1)

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

みなさん、ここで再びポーター・ジョシュです。休暇中も健全な建物に関して、オーディオとビデオの問題に取り組んでいますが、私たち全員が一緒にそれを乗り越えることができると確信しています。昨夜と昨日読んで見たものをいくつか調べたかった。 私はこのことを24時間ライブで報道しているYouTuberをたくさん目覚めさせており、彼らだけでなく、主流メディアなどの人々からも多くの憶測が飛び交っています。 それらの種類のナンセンス理論のいくつかを調べてみてください。 そのうちの1つは、前回のビデオで説明した、建物に1年に2ミリメートル土地が沈下することは、寄与要因にはなり得ないということです。 これらの調査を行ったエンジニアや教授は、これが施設に影響を与え、そのような建物の構造部材に圧力影響を与えるだろうと述べました。

私が本当に本当に興味深いと思ったもう一つのことは、多くの人々がこれについてのようであるという世界的な警告です。 そして、それがおかしいと思うなら、それはそうだからですが、理論はこのように実行されます。 世界的な警告(地球温暖化)が海面上昇を引き起こし、地下水面が上昇し、地下水面がコンクリートの杭と基礎を湿らせ、湿ったコンクリートが柔らかくなりました。 これらの誤った考えです。そしていつも思い浮かぶのは、それが解体爆発であり、誰かがこの建物を爆破したということです。その証拠はありませんし、それもナンセンスな噂です。

昨日、建物と物件の調査を進めていたときに発見しました。この問題は、建物がポストテンションスラブで構築されているため、それがユニークで興味深い理由は、ポストテンションスラブではできないことです。 実際、この建物にはコンクリート補強コンクリート梁や鉄筋梁がほとんどないため、建物には基本的に鉄筋コンクリート柱の上にポストテンションスラブを配置したプレートスラブ構造と呼ばれるものがあります。 しかし、これが興味深い理由は、私がずっと言ってきたポストテンションケーブルの建物は、壊滅的に崩落する前にストレスや崩落の兆候の証拠を示さないという点で純粋な圧縮部材に非常に似ているためです。 これについては、このビデオの後半でもう少し説明します。

私が調べたかったもう一つのことは、私がグーグル画像からアップしたいくつかの写真だったので、それらをアップしましょう。 しかし、最初の画像は残っている建物の画像であり、天井にこれらの線が縞模様のように垂直に見えます。ここで、ptケーブルが実際にコンクリートを吹き飛ばし、ケーブルの端がここにぶら下がっているのを実際に見ることができます。 床を見ると、すべてのフロアが崩壊中にptケーブルが床の底から本質的に飛び出し、それらのptケーブルを引き裂いていることがわかります。 これが非常に重要である理由は、床と、これらの壁や家具などの床にかかるすべての荷重が、これらのptケーブルに完全に依存しているためです。ptケーブルがなければ崩落します。 今、私たちはこの建物がポストテンション工法の建物であったことを理解しました。

※ポストテンション工法において、シース内にグラウトを注入するまでの間、容易かつ確実にPC鋼線を防錆し、腐食のないPCケーブルを製作する。 - 特許庁

※きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。詳細は、下記原文をご参照願います。


ブログ写真2
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

Surfside Building Collapse - Miami Florida - What Caused the Collapse?<1>

Building Integrity

hey everybody josh porter here again with building integrity still on vacation still dealing with audio and video issues but i'm sure we can all get through that together. i wanted to go over some things that i've been reading and seeing last night and yesterday. I've been watching a lot a couple youtubers that are kind of doing live 24-houur coverage of this thing and tons speculation going around not only by them and but by also even people in the mainstream media and stuff so i kind of wanted to go over a couple of those kind of nonsense theories. one of them is that the subsidence which we talked about in the last video which the land settling in the building settling two millimeters per year could not be a contributing factor it sbsolutely could be a contributing factor that's even kind of commented in the reports done by the engineers and professors that did those studies that this is going to have an impact on infrastructure and building stress and stuff like that. the other thing that i thought was really really interesting is that a lot of people are like on this is global warning. and if you think that's crazy that's because it is but the theory runs like this. global warning has caused rising sea levels which has raised the water table and the water table has made the concrete pilings and foundation wet and wet concrete gets soft that's about sillyas it gets and you know i'm just trying to dispel people of these myths and these incorrect thoughts and then of course the one that always comes up is that it was a demolition explosion and somebody blew this building up. we don't have any evidence of that and that's just a nonsense rumor as well. i discovered yesterday as i was doing more reseach on the building and the property and this issue is that the building is constructed with post-tension slabs so the thing the reason why that's unique and interesting is that post-tension slabs can they don't need as many beams in the building in fact this building has very few concrete reinforced concrete beams at all or steel beams so the building is basically what we would call like a plate slab construction which consists of post tension slabs sitting on top of reinforced concrete colums. but so the the reason why this is interesting is that post tension cable buildings i've said all along are very similar to pure compression members in that don't exhibit evidence of stress and signs of failure before failing catastrophically and i'll get into that a little bit more later in this video. the other thing that i wanted to go over was some of photos that i've pulled up from the google imagery so i'm going to pull those up now we can kind of go through them. but the first image is of the building that is remainning and you can see these lines in the ceiling these vertical like stripes that is where the pt cables actually blew the concrete out and you can actually see the cable ends kind of hanging down here those are the sleeves and then you can see that on every floor that the pt cables essentially popped out of the bottom of the slab during the collapse and rip those pt cables out. the reason why this is significant and important is because the remaining building that's there because the slabs and all the weight bearing on the slabs like these walls and furniture and everything else is completely dependent on these pt cables in place because the pt cables are not in place and now that we know that it's a post-tensioned building.

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック