FC2ブログ

日本の住宅は本当に30年経過すれば価値がなくなるのですか?(その4)

[1321-20210624]
日本の住宅は本当に30年経過すれば価値がなくなるのですか?(その4)

今日建てられた木造住宅は、60年または70年ほどはもつはずです。それから、これには疑問を投げかけたいとおもいますが、なぜ今までの日本の家は北アメリカまたはヨーロッパで建てられたものと比較してそれほど長くは続かなかったのですか? 日本の家は伝統的に木でできていました。レンガ造りは地震に弱いので、日本ではヨーロッパの様にレンガ造りの家を見ることができません。 だから木でできていたのですが、木は火災に弱い。遡れば1923年、東京は関東大震災で壊滅的な打撃を受けました。地震による火災で市内中心部が焼失しました。 140,000人以上が死亡または行方不明と報告され、30万戸の家屋が焼き尽くされました。それから第二次世界大戦では都市は焼夷弾による爆撃を受けました。東京の大部分は焼夷弾によって焼き尽くされ、1945年10月までに人口は349万人に減少し、1940年の半分のレベルになりました。

Are Japanese Homes Really Worthless After 30 Years? (4)

Wood frame houses built today should last more like 60 or 70 years. This then begs the question, why have japanese houses up to now not lasted very long in comparison to those built in North America or Europe. Japanese houses were traditionally made of wood. Bricks and earthquakes don't mix well, so you don't see brick homes in Japan like you would in Europe. So wood it was, but wood doesn't do well in fire. Back in 1923, Tokyo was devastated by the Great Kanto Earthquake. The fires caused by the earthquake burned the city center to the ground. Over 140,000 people were reported dead or missing, and 300,000 houses were destroyed. Then there was world war 2 and the fire bombing of the city. Much of Tokyo had been laid waste by the bombings and by October 1945 the population had fallen to 3.49 million, half its level in 1940.


DSC_1659.jpg
中之島
2021.01.18撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック