FC2ブログ

日本の住宅は本当に30年経過すれば価値がなくなるのですか?(その3)

[1319-20210623]
日本の住宅は本当に30年経過すれば価値がなくなるのですか?(その3)

これは、100歳の人と今日生まれた赤ちゃんの平均余命を比較するのと少し似ています。1900年代初頭に生まれた場合、約50歳までの生存が期待できましたが、今日の赤ちゃんは80歳までの生存が期待できます。そして、住宅は適切なメンテナンスを行えば、おそらく100年もつことを誰が知っているでしょうか。つまり、新築住宅の寿命は、現在の解体住宅の平均年齢よりもはるかに長いということです。

Are Japanese Homes Really Worthless After 30 Years? (3)

It is somewhat similar to comparing the life expectancy of those born 100 years to those born today. If you were born in the early 1900's, you would have expected to live about 50, whereas babies today can expect to live to 80. And who knows, with proper maintenance, maybe to 100. That is all to say that the shelf-life of new-built houses is a lot higher the current average age of demolished houses.


DSC_1656.jpg
中之島
2021.01.18撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック