FC2ブログ

日本の住宅は本当に30年経過すれば価値がなくなるのですか?(その2)

[1318-20210622]
日本の住宅は本当に30年経過すれば価値がなくなるのですか?(その2)

1990年代のバブルのピーク以来、不動産の価値は大幅に下がっています。 しかし、住宅市場は地方に制限されているため、日本の田舎では地価が下がり続けている一方で、近年、東京を中心とした6つの主要都市の地価は上昇しています。それは、日本の人口が減少している一方で、東京はまだ成長しているからです。 それは、逆転して下降する前に、さらに数年間成長するように設定されています。さて、その家に話を戻しましょう。つまり、物理的な構造です。なぜ賞味30年の寿命しかないのですか? 現在、解体された家の平均年齢は約30歳です。ただし、その数には、まだ取り壊されていないため、まだ立っているすべての家が含まれているわけではありません。 さらに重要なことに、その平均年齢は、数十年にわたって導入された新しい基準と現在建設されている新しい家の品質を考慮していません。

Are Japanese Homes Really Worthless After 30 Years? (2)

Since the peak of the bubble in the 90's, it has gone down significantly. Housing markets are localized though, so while the Japanese countryside has seen land values continue to fall, land values in the six major cities, especially Tokyo, has risen in recent years. That is because while Japan's population is shrinking, Tokyo is still growing. It's set to grow for a few more years before reversing and going down as well. Now back to that house, the physical structure that is. Why is the shelf-life only 30 years? Right now, the average age of a demolished house is around 30 years old. That number, however, doesn't include all the houses that are still standing, since they haven't been demolished yet. More importantly, that average age doesn't account for the new standards that have been put into place over the decades and the quality of new homes built now.


DSC_1651.jpg
中之島
2021.01.18撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック