FC2ブログ

タイル浮きを自動判定するシステム

[1314-20210616] 
タイル浮きを自動判定するシステム

参考資料

竹中工務店は、ドローンで撮影した赤外線画像を使い外壁タイルの浮きを自動判定するシステムを、福岡市内の高層マンションに初適用したと発表した。赤外線画像を人工知能(AI)で解析しタイルの浮き状況を自動判定する。ゴンドラや足場の設置が不要となり工数も6割程度に短縮化でき、従来型の赤外線での目視判断よりも安価で調査できたという。
ドローンで撮影した外壁の赤外線画像をつなぎ合わせるだけで建物全体のタイル割図面を作成できる。タイル目地とタイル面の温度差で青が問題なし、赤は浮いている状態というようにヒートマップで表示できる。修復が必要なタイルをピンポイントで特定でき、より適切な建物のメンテナンスにつながるとみている。


DSC_1626.jpg
千里中央
2020.12.28撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック