FC2ブログ

旧松坂屋大阪店(高島屋東別館)が重要文化財に

[1310-20210603]
旧松坂屋大阪店(高島屋東別館)が重要文化財に

国の文化審議会が5月21日に開かれ、大阪市浪速区の旧松坂屋大阪店(高島屋東別館)が、重要文化財に指定される見込みとなった。現在はホテル併設の複合施設として市民に親しまれているが、「創建時の特徴を残す、戦前屈指の百貨店建築」として評価された。朝日新聞デジタル

20210603-1.jpg

松坂屋大阪店として1928年(昭和3年)に第1期工事(南棟:地上6階、地下1階)が完了した。1934年(昭和9年)の第2期工事(北棟:地上9階、地下3階)による増築、1937年(昭和12の第3期工事(南棟上層階増築・中央棟)による増築により全体が竣工した。
設計は鈴木禎次、施工は竹中工務店である。デザインはアール・デコ調で、正面基部は11連正円アーチ、アーケードが設置され、アカンサスのテラコッタの外壁となっている。1966年(昭和41年)に松坂屋が天満橋に移転し、竹中工務店に譲渡された。1968年(昭和43年)には髙島屋が賃借し「髙島屋東別館」となり、本社、大阪店の一部、タカシマヤ友の会などとして利用され始めた。1969年(昭和44年)には髙島屋に譲渡された。1970年(昭和45年)には「髙島屋史料館」が開館した。2016年(平成28年)には耐震工事完了、2019年(令和元年)には躯体・外壁補修が行われ、2020年(令和2年)1月にはホテル「シタディーンなんば大阪」が開業した。2020年7月には1階に「コミュニティーフードホール大阪・日本橋」が開業した。生きた建築ミュージアム・大阪セレクションに選定されている。また、2019年3月に「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として国の有形文化財に登録(登録名称は「旧松坂屋大阪店(高島屋東別館)」)された。『ウィキペディア(Wikipedia)』

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック