FC2ブログ

市軸稲荷神社

市軸稲荷神社
大阪府豊中市刀根山
2021.05.07撮影ポイント

祭神は、末廣大神、市軸大神、松江大神、末光大神、お多福大神、天照皇大神、豊受大神です。起源は、大正十五年伏見稲荷の御文霊を勧請し、刀根山の地主神である市軸大神と合わせてお祀りしたのが始まりです。その後は、『市軸稲荷』として、親しまれ難病平癒・商売繁盛・狐狸憑祓で名高い。末社の「与吉大神」は狸の神様で、一願成就の神様として名高い。また、2月3日の節分祭のときは、神殿前の鳥居にお多福のくぐり門が付けられ参拝する時は、観音開きになっている口の部分から入り、その「口」の手前に大根30本が取り付けられており、それにかんざしを刺し「頭いた頭いた」と言いながら門をくぐると諸願成就が成るのだそうです。境内にある桜満開も見どころです。

DSC_2573.jpg

DSC_2577_2021052113190802c.jpg

DSC_2574_2021052113204022e.jpg

DSC_2575_202105211322372d0.jpg

DSC_2576_202105211324081fe.jpg

DSC_2572.jpg

DSC_2571.jpg

DSC_2330_20210521134229c70.jpg
2021.03.30撮影

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック