FC2ブログ

京都市は居住実体のない住宅の所有者に課税

[1305-2021.05.10]
京都市は居住実体のない住宅の所有者に課税

参考資料

別荘や空き家など居住実体のない住宅の所有者に対し、京都市が独自の新税導入を検討している。慢性的な財政難への対応に加え、セカンドハウスとして富裕層のマンション購入が増えた結果、価格の高止まりによる子育て世代の市外流出を防ぐ目的。答申案によると、市条例で保全対象となる京町家や賃貸・売却が予定されている住宅を除き、想定される課税対象は約1万7千戸。試算では年間で最大20億の税収を見込んでいる。


Kyoto City taxes owners of homes without a resident entity

Reference materials

Kyoto City is considering introducing its own new tax for owners of homes that have no real residence, such as villas and vacant homes. In addition to responding to chronic financial difficulties, the purpose is to prevent the outflow of child-rearing generations to the city due to high prices as a result of the increase in condominium purchases by wealthy people as a second house. According to the report, the estimated taxable target is about 17,000 units, excluding Kyomachiya, which is subject to conservation under the city ordinance, and housing that is scheduled to be rented or sold. It is estimated that the annual tax revenue will be up to 2 billion yen.


DSC_1478.jpg
大阪上本町
2020.12.08撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック