FC2ブログ

住宅ローン減税とは

[1300-20210505]
住宅ローン減税とは
詳細:国土交通省すまい給付金

日本の住宅ローンが空前の低金利となる中、特にネット系の金融機関は低金利が凄まじく、0.5%前後の金利で住宅ローンを組むことができます。さらに、ものによっては死亡時に住宅ローンの残債を支払わなくて良くなる団体信用保険の他、特定の疾病にかかった際に残債の支払いが不要になる特典を追加料金なしで付けられる住宅ローンも出てきました。さらに、住宅ローン減税を活用することで「お金を借りるとお金を貰える」という逆転現象も生じることになります。住宅ローン減税とは大まかに言うと「住宅ローン借入金額の1%が、所得税・住民税から差し引かれる」という制度です。適用条件は以下の通りです。
・築年数がマンションの場合、築25年以内であること
・築25年以内に該当しない場合は耐震基準適合証明書を提出できること
・床面積が内法(うちのり)で50平米以上で、床面積の2分の1以上が自分で住む為のスペースであること
・物件を手に入れた日から6ヶ月以内に自分で入居し、その年の12月31日まで住んでいること
・年収が3,000万円以下であること
・住宅ローンの返済期間が10年以上であること
・住宅ローンが銀行、信用金庫、農業組合などの金融機関、住宅支援機構、地方公共団体などから借りたものであること
・住宅を親族から買っていないこと
・贈与で住宅を取得していないこと
☞コロナ渦、住宅業界にとっては有難いことですが、ここまでしないと経済は回らなくなってきたということでしょうか?逆に、アフターコロナの全体経済が心配です。


DSC_1460_20210505175557754.jpg
大阪心斎橋
2020.12.04撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック