FC2ブログ

住宅ローンの返済滞納という債務不履行後  米国の空家問題を検証する(3)

[1290-20210224]
住宅ローンの返済滞納という債務不履行後 
米国の空家問題を検証する(3)

住宅ローンの返済滞納という債務不履行後に、下記の3パターンに該当すれば空家問題は発生しません。
①融資変更が承認される。
②ショートセールス(家を売っても負債を完済できない場合に用いられる売却方法の一つ)が成立する。
③競売で第三者が購入する。
しかし、競売で第三者が応札しない場合、貸し手がやむなく所有(※REO)することになり、空家で放置されることが多い。
※REO(Real Estate Owned):抵当権者所有不動産

☞税滞納による差押えの空家は、競売で落札されなければ州の管理下に置かれるが、それは誰も維持管理しないことを意味する。REOは個別ではなくまとめて値引きして企業に売却し、企業の再販で売れ残ったものは固定資産税も支払われず維持管理もされず放置されるようです。

DSC_1434.jpg
大阪本町 Osaka Honmachi
2020.12.04撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック