FC2ブログ

2020年の不動産業界は、「コロナバブル」であったのか?



[1279-20210131]
2020年の不動産業界は、「コロナバブル」であったのか?

参考記事 現代ビジネス

コロナ感染が広がりだした昨年3月頃、不動産市場には、「先安観」が漂っていた。しかし、1度目の緊急事態宣言が解除された6月以降、都心人気エリアで販売されている新築マンションのモデルルームには見学の予約が殺到し、中古マンション市場でも突然にわかな活況となった。 一部エリアでは物件が不足して値上がりさえ起こった。更に緊急事態宣言によって急速にテレワークが行われたことで、都心と近郊エリアの新築の戸建てが猛烈な勢いで売れだした。その様子を見て、大手デベロッパーもマンション用地の仕入れを再開し事業用地の奪い合い状態となったのは現実である。

☞全体としては、不動産価格は下落しなかったということでバブルではないでしょうね。2021年を見守りたい。

Was the real estate industry of 2020 "a corona bubble?"

Around last March when corona infection has begun to spread, there was "outlook on lower quotation for future months" in the real estate property market. But after June when the first emergency declaration was removed, the reservations flooded in the model room of the new condominium which is sold in an urban popular area and even a second-hand condominium market became the active state suddenly. Even a rise in price happened without enough articles in some areas. Furthermore, in a telework having been carried out by emergency declaration rapidly, new houses in a development project of the downtown area and the suburban area begun to be sold by intense force. On seeing the state, it is true that the major developers restarted the stocking of the condominium site and did the scramble for business site.

☞As a whole, a property price is not to have fallen. I think it is not a bubble. I want to watch 2021.

日本語[1279-20210131]

DSC_1409.jpg

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック