FC2ブログ

米国全土におけるオフィス空室増加に関して

[1243-20201128]
米国全土におけるオフィス空室増加に関して その1
参考動画 Break Into CRE

オフィスは終わったという商業用不動産への啓示に備えよ・・・
米国全土で、オフィスの空室が増加しそれを吸収するオフィス需要は明らかに減少しています。オフィス需要は2001年から最大の落ち込みとなります。我々は、ついに我々が現在置かれているオフィス空間におけるリモートワークやそれが全体的に与える経済的影響がどのようなものであるかを示すいくつかのデータを入手し始めております。又、我々は企業が自らのオフィス賃借への決定に関してどのように反応するのか見ることとなり、そのことは結果としてオフィス賃貸用不動産の価値に影響するものとなります。つまり今年からのデータが2021年のオフィス不動産に短期・長期的に与える影響について我々に示すものが何であるかを知れば、オフィスビルは終わったということになるわけです。

Office Investors Might Be In Trouble - Here's Why. No.1

The office is dead ! Get ready for commercial real estate apocalypse.
National level in US, office vacancy has increased and office net absorption has decreased significantly. Net absorption is largest drop since 2001.We are finally starting to get some data around what kind of effects that remote work and the economic situation as a whole we are in right now are having on office space and we are also see how companies are responding with their leasing decisions which directly affects rents and property values in the office space as a result. So is office space as we know it really dead and what is the data from this year telling us about the potential short and long term impact on office real estate in 2021.


DSC_0861_20201128191414b01.jpg
大阪・淀屋橋 Osaka Yodoyabashi
2020.10.15撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック