FC2ブログ

コロナ渦、大阪ミナミの不動産市場はどのように動くのか?



[1242-20201127]
コロナ渦、大阪ミナミの不動産市場はどのように動くのか?

大阪ミナミに関して4~7月の外国人宿泊者は前期比でー99.9%(国土交通省の調べ)。宿泊人数も800万人超から、30万へと激減し、急増したホテルの稼働率は一桁台で推移している。又、ミナミの名物と化していた大量のドラッグストアは、撤退やシャッターが閉まった店舗も増えるなど、高騰した家賃に苦しめられている。

コロナ収束による渡航制限が解除されない限りは劇的な改善は見込めそうもなく、インバウンドが蒸発しバブルが弾けたことでリーマンショックを超える地価下落が進行しようとする中、国土交通省の「地価LOOKレポート」では将来の動向として、心斎橋、なんば、西梅田、茶屋町(キタ)の見通しを、「下落傾向で推移する」と予想しながらも、なんばエリアには「優良物件取得の好機と捉えて積極的に物件取得を検討する市場参加者が存在する」という言葉が添えられていた。

参考資料


DSC_0859_20201127202111cf9.jpg
大阪・淀屋橋 Osaka Yodoyabashi
2020.10.15撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック