FC2ブログ

不動産投資を米国の沿岸都市と内陸都市で考えると



[1241-20201125]
不動産投資を米国の沿岸都市と内陸都市で考えると

サンフランシスコ、ロサンジェルスやニューヨークなど沿岸部の都市は、伝統的に厳しい開発規制がある為、供給は抑えられその結果、賃料や不動産価格は上昇基調となります。
ダラス、ラスベガスやフェニックスなど内陸部の都市は、あまり開発規制がない為、需要を上回る供給を導く可能性があります。つまり未償却建物が増加する中、不動産価格はその結果弱含みとなります。(上昇基調になりにくい。)

ここでの必要最低限の賢明な投資理論は、常に需要が増え供給もよりゆっくりと増えるか横這いで人口移動は増加基調である市場における投資を通常は意味し、市場における供給の制約はこれを更に好ましいものにするでしょう。


参考動画
Break Into CRE
How To Build a Real Estate Investment Thesis // “If you had $100 million to invest in real estate, where would you invest it?”


Thinking about real estate investment in the coastal city and non-coastal city of America

Coastal cities like Sanfrancisco, Losangeles, and Newyork have traditionally been highly regulated markets creating supply constraints and upward pressure rents and values as a result.
Non-coastal cities like Dallas, Lasvegas and Phoenix have much less regulated and have a higher probability of being overbuilt towards the end of a real estate cycle leadin to supply outpacing demand and prices weaking as a result.

The bottom line here is that a strong investment thesis usually involves investments in markets where demand is increasing and supply is either growing more slowly or static and things like positive net migration and supply constraints in the market make this a much more likely scenario.


DSC_0858.jpg
大阪・淀屋橋 Osaka Yodoyabashi
2020.10.15撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック