FC2ブログ

関西シティブランド・ランキング その1



[1235-20201119]
関西シティブランド・ランキング その1

関西順位(総合順位-総合ポイント) トップ10

1(9-64.9)  :西宮市(兵庫県)
2(14-62.9)  :芦屋市(兵庫県)
3(26-61.3)  :神戸市(兵庫県)
5(28-61.1)  :豊中市(大阪府)
6(32-60.7)  :吹田市(大阪府)
7(33-60.5)  :茨木市(大阪府)
8(35-60.4)  :京田辺市(京都府)
9(40-60.1)  :高槻市(大阪府)
10(42-59.6) :箕面市(大阪府)

但し、本調査は2万1850人の20代以上のビジネスパーソン(有職者=働く世代)から有効回答を得たものによる評価であり絶対的なものではありません。あくまでも参考資料として把握願います。
参考資料

■調査概要
2020年7月21日~8月23日の間、Web調査にて実施。「日経ビジネス電子版」登録者を中心に日経BPと日経BPコンサルティングの調査モニター、提携調査会社のモニターに対して電子メールで告知し、2万1850人の20代以上のビジネスパーソン(有職者=働く世代)から有効回答を得た。 調査では現在の居住地と直近の居住地について、
「安心・安全」
「快適な暮らし」
「生活の利便性」
「生活インフラ」
「医療・介護」
「子育て」
「自治体の運営」
「街の活力」
という8つの分野・合計38項目で、「住みよい街の条件に当てはまるか」を尋ねた。 38項目の主な内容は、
「治安がよい」
「公園が多い」
「繁華街へのアクセスがよい」
「公共交通機関が充実している」
「病院や診療所が多い」
「保育所や幼稚園が充実している」
「行政サービスが充実している」
「街に活気がある」
など。 評価に当たっては、38の項目について5段階で尋ねて加重平均値を算出し、各市区の38項目のポイント合計値を偏差値化してランキングを作成した。 また、8つの分野ごとのスコアは、各分野を構成する項目のポイント合計値を偏差値化したもの。今回の調査結果は、現在の居住者と直近の居住者による回答者の合計が20人以上となる326市区のデータを基に作成した。
参考資料


DSC_0386_20201119171013c92.jpg
天王寺あべの Tennoji-Abeno
2020.08.09撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック