FC2ブログ

融資における個人審査に関して



[1193-20200704]
融資における個人審査に関して

金融機関にもよりますが過去3年間の源泉徴収票や確定申告書(納税証明書含む)で審査されるわけですが、より多くの融資を得たいならあえて節税をせずにたくさん税金を払うことが肝要と言われますがこれは事実です。(一昔前には、納税の長者番付というものが公表されておりこれを見て不動産や建設の営業マンは彼らの自宅へ飛込み訪問をしておりました。)今日に至りましては、融資にまつわる不祥事もあり金融機関の融資審査は想像を絶するほど大変厳しいものとなっております。そのような中、老朽化が進む所有建物のリフォームぐらいはしっかり節税をして自己資金で優先順位をつけて分割施工すればよいのです。融資を受けて全部いっぺんに施工する必要はなく融資基準が緩むまで待てばよいのです。

金融機関が実施する個人属性評価ポイントは下記を参照下さい。

1)年収(過去3年間の推移) ☞もっとも重要
2)職業と肩書 ☞上場企業勤務、公務員、士業は確かに有利
3)学歴 ☞2)の裏付け程度。特に重要ではない
※聞かれなければあえて言わない方がよい
4)貯蓄の有無 ☞他の担保資産含め大変重要
5)紹介者の有無 ☞紹介者によっては決め手になる場合もある
6)不動産事業融資 ☞有資格者で実績ある人は有利。この場合、決め手は物件の内容
7)その他 ☞余計なことは一切言わない方がよい


DSC_0062_20200704183424b87.jpg
JR大阪駅 JR Osaka station
2020.06.17撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック