FC2ブログ

減価償却とキャッシュフロー



[1189-20200701]
減価償却とキャッシュフロー

減価償却は、帳簿上、現金支出のない架空の費用として計上できるため課税対象額を減らすことが出来ます。つまり、そのまま現金が残ることになりキャッシュフローがよくなります。減価償却は、不動産投資の最大の節税メリットとなります。

<減価償却できる期間(法定耐用年数)>
新築取得の場合
鉄筋コンクリート造(RC) ☞ 47年
鉄骨造(S) ☞ 34年
木造(W) ☞ 22年

中古取得の場合、
<法定耐用年数を全部経過したもの>
残存耐用年数=法定耐用年数×0.2
<法定耐用年数の一部を経過したもの>
残存耐用年数=法定耐用年数ー経過年数+(経過年数×0.2)
以上、特例によりそれなりのうまみを享受できます。


Depreciation and cashflow

As we can include the depreciation as an imaginary expense without the cash expenditure in an account book, it can be possible to reduce taxable income. In other words, cash just remains and cashflow improves. The depreciation is the biggest economy in tax merit of the real estate investment.

Period of the depreciation (legal life of a building)
In the case of the new acquisition
Reinforced concrete construction (RC) ☞ 47years
Steel structure construction (S) ☞ 34years
Wooden construction (W) ☞ 22years

In the case of the used acquisition
Legal life of a building all passed
Remaining life of a building = Regal life of a building × 0.2
Legal life of a building passed in a part
Remaining life of a building = Regal life of a building - passed years + ( passed years × 0.2)


DSC_0058_20200703125707c30.jpg
大阪梅田 Osaka Umeda
2020.06.26撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック