FC2ブログ

山陽本線【三石】-【上郡】間にある船坂トンネル

山陽本線【三石】-【上郡】間にある船坂トンネル
岡山県備前市三石
2021.05.19撮影ポイント

岡山県と兵庫県の県境を貫く山陽本線(当時山陽鉄道)の船坂トンネルは、これまでに3本のトンネルが掘削され、うち2本が現在も使用されています。最初のトンネルは、明治23年に建設され、延長約1,200mあり、煉瓦と石積みを併用して造られています。その後、山陽本線の電化に伴い別線で新たなトンネルを掘ることになり、昭和34年に廃止されましたが、岡山方の坑内は大阪市立大学の三石宇宙線観測所として再利用されたことがあります。2本目は、山陽本線の複線化に際して下り線トンネルとして明治43年に完成したトンネルです。3本目は、山陽本線の電化に当たって昭和34年に完成した延長約2,000mの新船坂トンネルで、設計・監理は日本国有鉄道大阪工事局が行いました。

DSC_2582_20210630190931aa6.jpg

20210630-2.jpg

テーマ : いろんな写真 - ジャンル : 写真

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その3

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その3

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

これらの沈下によるいくつかの陥没が見られましたが、それらのほとんどは、沈下が見られると予想されていた都市の西部にありました。 向こうの街の安定した場所にあることが知られている東側にあるサーフサイドで見たこの沈下は珍しいものでした。沈下が見られるとは思っていなかったので、あまりお金をかけませんでした。 このデータが示したのは、12階建てのコンドミニアムの建物で発生したとのことで、調査の焦点は地盤沈下であり、建物の損傷などを分析しようとはしなかったためです。 つまり、これは1990年代に起こった動きを見た分析の副産物であり、この論文で報告した以上のことにあまり注意を払っていませんでした。

さて、彼が話していた島の写真を見ると、彼らは東側でこの奇妙なことに気づきました。2020年のレポートで実際にインフォグラフィックを示していることをお見せします。バリアー島の南側から始めます。現在、サーフサイドとシャンプレーンタワーの南はこの画像に含まれていないので、すべての緑の画像を説明します。これらの緑の点はすべて、年間約0ミリメートル移動したものであることがわかりました。安定した土地であり、ここで丸で囲んだようにこれらの黄色の点のいくつかを見ることができます。これらの黄色の領域は、年間平均でマイナス2ミリメートル移動しました。赤い線はあまりよく説明されていませんが、いくつかの道路が計画されているようで、それらの道路はおそらく年間4ミリメートルも設定されていた可能性があります。または、必要に応じて統合または沈静化する必要があります。ですが、これを東側で見ると、バリアー島のほとんどがすべて緑色ですが、北に移動すると、いくつかの小さなポケットが少し黄色になり、次にたくさんの緑色になります。すると突然、この領域がここに表示されます。これはかなりまともなサイズの領域の黄色で、年間1.9ミリメートルのマイナスを示しています。あなたが見ているニュースで話している人は皆、建物が年に2ミリメートル沈下していると言っています。これは彼らがそれから得たレポートです。これは彼らがそれを得たデータですが本当に興味深いことは教授自身が、これがこの地域に定住しこの建物が安定していることが知られている地域に年間2ミリメートル沈下するのは奇妙だと言っているのを見たばかりです。

だから私はそれが本当に興味深いと思いました、そしてこれは私の最初のビデオにまでさかのぼりますので、誰もが何も意味しない沈下について心配しないでくださいと言い続けます。これは私の信念ですが、質問する必要があるもう1つの質問は、この沈下が岩盤領域よりも伝統的に安定している領域にあるかどうかです。あなたのために見せなかったですが、彼は東側が岩盤の上にあることは終わったと述べているので、これは岩盤に何らかの裂け目があったことを意味し、おそらく何らかの陥没穴または過度の土壌圧密または土壌流出の問題があったことを意味し、もちろんこれは問題を提起します。私が見たニュース番組の1つに戻ると、彼は協会の弁護士と話し、協会の弁護士は現場にいる協会のエンジニアと話していたと言った紳士でした。この電話のやり取りに関して、あなたがどれだけ信じるかどうかわからないが、ニュースで彼らは彼らが地下の下の地面に穴を見たと主張し、それが意味するものは何でも割れ目のように見えると主張したと言った。関連する情報であるかどうか、そしてこれはそれに関連しているので、それらは私たち全員が前進するだろうと思う質問になるでしょう。そして再び私はこのビデオの冒頭で私が持っていることを意味しますたくさんのことを話すことができましたが、明らかに私は休暇中です。今日は5時間運転して、2番目の場所に到着しました。今週は、忙しい1週間を前に出かけます。家族と一緒にサイトを楽しんでいるので、できる限り最新情報をお届けしようと思いますが、まだ経験していない情報や説明できない情報は提示したくありません。私は皆さんに新しい情報や新しい洞察をもたらすことができないので、とにかくあなたの時間を無駄にするだけのビデオを作るつもりです。それは今夜のすべてです。私はそれを感謝します。行ってらっしゃい。

※きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。詳細は、下記原文をご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その2

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その2

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

これについて興味深いのは、この白い領域がここに表示されていない部分です。 これは私たちがそれらをアメニティデッキと呼ぶプールのアメニティデッキですが、それはプールデッキです。 これが赤で強調表示されている写真です。最後の図面で丸で囲んだ3つの列です。 次に、プールデッキと、プランターボックスという部分について言及したことを覚えている場合は、そのレポートで引用しているものの1つです。したがって、これらの3つの列を見ると、ここの列の真上にあるプランターボックスがあり、Googleの画像は この時点では悪いですが、ここに別のプランターボックスがあります。この列にはプランターボックスがありません。 しかし、ここにはプランターボックスがあり、プランターボックスは2018年にエンジニアから大きな問題であり、水漏れや水の侵入の原因であるとかなり厳しく批判されました。 プランターボックスの興味深い点は、このフロアの柱の下2フィートを隠していたため、プランターボックスが適切に防水されておらず、プランターボックスの領域内で、私がカーソルで示した場所で、これらの柱が深刻な腐食損傷を受けていた場合です。皆さんはプランターを掘り起こして調査したことを本当に知らないでしょう。だとすれば、それがこの時点で可能になったとして、腐食のレベルがどこにあったかを彼らが発見する可能性があることは興味深い。

もう1つ言及されたのは、地下階に海水が入っていた場合の海水です。戻ってその計画を立てます。これが駐車ガレージです。海面があれば、海水がここに流れ込んでいます。氾濫は季節的に、または潮の満ち引き​​などによって起こりますが、水がこれに流れ込み、それが塩水である場合、損傷の量と私が損傷を言うとき、私は必ずしもひび割れや剥離のような意味ではありませんが、私が言っているのは炭酸化と炭酸化と呼ばれるプロセスによるコンクリートの弱体化ですが、この下の階に海水が溜まっていると、そこに溜まっている時間とその水に含まれる塩の種類によっては、これらの柱にひどい損傷を与える可能性があります。皆さんがよく考えているが、私たちにはコンクリートの桟橋とコンクリートのドックと橋があり、それらは水に入るコンクリートの杭を持っていて、それらはこの種の損傷を受けず、よく詰め込まれています。ここフロリダの私たちの水域に架かる橋を渡るようなコンクリート柱があります。これらのコンクリート柱は、あちこちで大幅に修理および交換されていますが、さらに重要なのは、膨大な量のコンクリート柱があることです。コンクリートカバーと使用するコンクリートの水とセメントの比率は非常に低く、つまり、最初にコンクリートを作成したときは非常に密度の高いコンクリートであり、典型的なコンドミニアムの建物では、水はそのコンクリートに非常にゆっくりとしか浸透できません。エンジニアの建築家がそれを指定しない限り、そのタイプの高密度低多孔性コンクリートで設計されることはありません。

絶対に原因要因になる可能性がある限り、原因要因になる可能性があるので、原因要因になる可能性のあるプランターボックスがあります。1階にこの塩水侵入があり、それが最後の要因になる可能性があります。 沈下レポートについてお話しする要因と、それについて興味深いと思ったことがいくつかあるので、2016年のレポートでは、レポートの図表が気に入ったので、これを取り上げたかっただけです。 さて、これらは教授が出した沈下レポートです。申し訳ありませんが、彼の名前を発音できません。uttawinskyやwandinskiなどでしょうか、2016年にレポートを出しました。マイアミビーチのバリアー島周辺を示しています。 ここに私のカーソルが表示されていますが、これは一般的にサーフサイドの場所と南にあるこの建物のシャンプランタワーが配置されている場所であり、それは重要ですが、他のことについて説明する前に、私もあなたに説明したいと思います。この地図を見て、ここにバリアー島があります。ここにカーソルを置いて円を描いています。これをすばやく描画できるかどうか見てみましょう。バリアー島は基本的にここにあります。バリアー島の東側はほとんどの建物が岩盤の上に構築されています。今、私は教授が彼自身のインタビューで私に与えた情報としてそれを紹介しています。これはすぐにあなたに一部を見せます。私はあなたにそのクリップを見せませんが、彼はこれがほとんど岩盤であり、バリアー島の西側はほとんど湿地なので、西側では土地や建物が沈下するという地盤沈下が予想されていましたが、東側では予想していませんでしたが、サーフサイドとこの建物には独特の何かがありました。皆さんも興味深いと思いますが、先に進む前に、今すぐにビデオを再生したいと思います。

※きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。詳細は、下記原文をご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その1

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-その他の要因 その1

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

こんにちわ皆さん、ここで再びポーター・ジョシュです。健全なな建物を追求します。お気づきかもしれませんが、私の場所が変わったことにお気づきかもしれません。私は今、別のホテルにいて、机がアイロン台になっているので、ビデオが揺れたり、画面が揺れたりした場合は、お詫び申し上げます。皆さんが私たちにたくさんのフィードバックをしてくれているいくつかのことに触れたいと思いました。私は一度にたくさんのことを選んで選択し、一緒に仕事をすることしかできず、スタッフとその種類に焦点を当てるべきものについての彼らの推奨事項のいくつかと連携しています。私がこのビデオでやろうとしていること、私がニュースでたくさん見たものそして私は今夜再び主流メディアと地元メディアの報道の両方でそれを見ました。彼らはひどく損傷しているプールデッキランプエリアとガレージが存在することに言及している2018年のレポートについて話し続けています。だから私はそれがどこにあるのか、そしてそれが何であるのかをあなたに示すつもりです。また、ガレージのレベルが低いと、時には1フィートまたは1フィート半または2フィートの海水で満たされるとコメントする人もたくさんいますが、これが確かな証拠で裏付けられているかどうかはわかりません。 同じことを言っている人がたくさんいるので、それについて少し話し、それがこの崩壊を引き起こす可能性のある引き起こされる可能性のある損害と何が関係している可能性があるかについて話し、次に 私たちがやろうとしている最後のことは、皆さんが本当に興味深いと思うことです。私たちは、フロリダ国際大学の教授によって行われた沈下研究に戻り、彼らが発表した彼らの声明のビデオを見るつもりです。 2日前だったと思います。そのクリップを少しお見せします。彼のレポートの抜粋をいくつかお見せします。皆さんにとって本当に興味深い思います。

それでは、この問題の肝心な場所に早く入りましょう。これが2018年のレポートです。これは、すべての報道機関が指摘し続けていることです。いくつかのかなりの文言が、駐車場入り口の傾斜路の上側と駐車場入り口の駐車スペース床の下側の両方に記載されていたので、私はこのエリアがどこにあるかをお見せします。1979年の建設図面を見ると、本当に興味深いと思います。そのままにここを拡大してみます。ここでこの部分は傾斜路を示しているので、この写真の北側または上側の通りから建物の下側に入るとわかりますが、最終的には建物の北側にもなります。建物の北側から入って傾斜路を降りると、このレベルに下がるとほぼ駐車場になり、駐車場のどこにでも行くことができます。戻ってくると、傾斜路の側面にあるので、ここに壁が見えます。彼らはこの傾斜路がひどく損傷していて水を保持していると話していて、私はこれらの列をオレンジ色で強調したので、ここでこれらの灰色の点は柱です。 現在、これらの柱は、建物の高さ全体まで伸びているため、柱の線と呼ばれています。 ですから、本当に興味深いのは、最初のビデオで、外観がここにある外観の部分にあることを示したことを覚えているかどうかです。

したがって、最初のビデオでは、これらのハイライトについて簡単に説明します。緑の領域は、建物のまだ立っている部分です。1979年の構造図を見て、鳥のように上から見ています(鳥瞰図)。つまり、緑のエリアは建物のまだ立っている部分です。赤で網掛けされている赤い領域は、最初に落ち始めた領域です。オレンジ色で網掛けされている部分が直後の部分です。そして、黄色で陰影が付けられた部分は数秒後に落ちたので、その部分と黄色のために、黄色の部分がそれらの余分な数秒を残すために後ろ向きに考える必要がありました。私のカーソルが安定していることがわかる場合は、この列がここにある可能性が非常に高いです。したがって、この崩落を開始するために必要だったのは、これらの3つの柱のうち、少なくともこれらの3つの柱が問題を抱えていることです。しかし、本当に興味深いのは、1階の平面図を振り返ると、これらの3つの柱がガレージの平面図であり、これらの3つの柱を丸で囲んだところがここにあります。したがって、1階のこれらの3つの柱はなくなっていなければなりませんでした。今、私は私が言っていることの理論を仮定していません。私はちょうど何人かの人々が言及して質問したいくつかのことを持ち出し、ある人とこれについて話しました。もし柱が弱いと妥協して、誰かが1:30に家に帰ってこの傾斜路を降りて、その柱にぶつかったという可能性はあるだろうか?これらの両方の柱にぶつかったということです。つまり、それが壊れたストローであったかどうかは、現時点ではわかりません。ラクダの背中かどうか、しかし再びこれらの3つの柱、おそらくこれらの3つの柱ですが、建物のこの部分が最初にそのビデオで崩壊し、再びこれらの3つが崩壊するのを見るには、少なくともこれらの3つの柱が最初の崩壊の一部である必要があります。ここでは柱が丸で囲まれています。

※きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。詳細は、下記原文をご参照願います。


ブログ写真2
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

兵庫県立明石公園

兵庫県立明石公園
兵庫県明石市
2021.05.19撮影ポイント

DSC_2553_20210629193703193.jpg

中部幾次郎翁銅像:大洋漁業株式会社の創業者
DSC_2552_20210629193800bd1.jpg

明石城
DSC_2562_20210629194136382.jpg

喜春橋
DSC_2571_202106291944121a4.jpg

かどで
DSC_2575_2021062919461567b.jpg

明石トーカロ球場
DSC_2577_20210629194802d9b.jpg

きしろスタジアム
DSC_2578_20210629195120a7b.jpg

DSC_2579_20210629195350f38.jpg

テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

箕面森町にある府有地のサウンディング型市場調査

[1323-20210628]
箕面森町にある府有地のサウンディング型市場調査

参考資料

大阪府と箕面市は、換地処分公告に伴い、箕面森町にある府有地(約24.4ヘクタール、うち平地面積約2.5ヘクタール)の森林ゾーンの有効活用を目的として、サウンディング型市場調査を実施する。提案は大阪府都市整備部都市計画室に規定のエントリーシートと対話シートを添付の上、メールで申し込む。参加申し込みは8月20日まで。調査に先立ち、7月15日には事前説明会と現地見学会が開催される。
調査項目は以下の3点。
1)事業内容(業種、活用方法、まち全体の魅力向上への視点等)
2)土地の貸付形態について(活用範囲、借地期間、定期借地権の設定等)
3)その他(実施に当たっての課題、規制緩和の提案等)

「サウンディング型市場調査」は、案件の内容・公募条件等を決定する前段階で、公募により民間事業者の意向調査・直接対話を行い、当該案件のポテンシャルを最大限に高めるための諸条件の整理を行うものです。このことにより、民間事業者にとっても自らのノウハウと創意工夫を事業に反映し、参入しやすい環境(公募条件)とすることができます。


DSC_1661.jpg
中之島
2021.01.18撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

西川緑道公園にある交番

西川緑道公園にある交番
岡山市北区平和町
2021.05.19撮影ポイント

DSC_2681.jpg

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

おおきに老松通りビルにあるアート 壁画

おおきに老松通りビルにあるアート 壁画
大阪市北区西天満
2021.05.14撮影ポイント

DSC_2651_20210628171301ee2.jpg

テーマ : いろんな写真 - ジャンル : 写真

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か? (その4)

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か? (その4)

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

そのビデオでは、この部分が最初に崩壊したエリアであり、建物の中央が最初に崩壊したエリアであるだけでなく、このエリアが2番目の裏側の前に崩壊したことがわかります。建物のこの部分は3番目だったので、これをここの外観と呼びます。このセクションの正面のフ外観は、そのビデオで最初に崩壊したものであり、オーバーポイントを見るだけで、これが意味することです。私にとっては、他のすべてがドミノ効果であるため、構造エンジニアは本当に見る必要があります。因果関係を研究するときに本当に知りたいのは、それがどこから始まったのかということです。ここの前のエリアに多くの注意を向けると、おそらく実際に正しいことがわかります。このエリアをここに含める必要があるので、この前のエリア全体が、この建物の後ろの部分で1番目の場所になります。場所3なので、これは崩壊した順序で、この翼は3番目の翼が落ちました。これから見るビデオでは、この方向から建物を見ていることがわかります。

誰もがこれを100回見たので、フレームごとに実行することを確認したいと思います。これが、私が話していた正面外観の建物です。次に、ここで確認できるのは、崩壊するパート3です。崩壊する3番目の部分と崩壊する最初の部分はこの正面外観なので、フレームごとに移動すると、非常に前後に移動しますが、正面外観が落ちていることがわかりますが、見てください建物の中央部分の後ろにあるこの地平線で、それは置かれたままであり、あなたが見ると、それは実際に今落ち始めますが、正面の外観がすでにここにないので、後ろ側はここで正しい崩壊する前に、ここに正面の外観が落ちていて、それから後ろが落ち始めているので、私が後ろと言うとき、私はここでこの場所を指しているので、最初の場所が最初に落ちて、次にこの場所に後ろが引きずられ始め、しばらくするとこのセクションが落ちます。ビデオでそれを確認すると、最初のセクションの崩落が始まり、2番目のセクションが崩落し始めますが、それでもその後ろのセクションの部分であることがわかります。建物の反対側にある外観の壁がまだ上がっているので、最初の壁を追って崩落、3番目の壁も崩壊していることがわかっているので私はここに座ってそのビデオについてあまり意見を述べたくはありませんが、構造エンジニアは本当にこの辺を見て、ポストテンションケーブルについて議論し、腐食のレベルについて議論するべきであることを指摘したいだけです。私たちはグーグルの画像を持っていました、そして私が見つけたそれらの崩落の多くは建物のこちら側にありました。なぜならその画像のほとんどはコリンズ通りからのものであり、2021年の画像を保存しているのでおそらくptケーブルの端にたくさんの破片があります。建物のこちら側では、これらのケーブルはここからここまで伸びており、これらのケーブルの中間スパンは文字通り最初に崩落した外観なので、ポストテンションケーブルが非常に重要な役割を果たすと思います。 残念ながら、腐食やメンテナンスの欠如もこれに非常に重要な役割を果たすと思います。

今日私が本当に言いたかったのは、建物が爆破された、または地球温暖化がこれを引き起こしたというこれらの概念の一部の人々を非難したかったということだけです。 現実には、特にそのグーグル画像から、これは残念ながらタイムリーにメンテナンスされていない可能性のある建物であるように見え始めています。 40年間の調査を行うことになっていたエンジニアがすでに現場作業を行っていると私が信じているエンジニアが何をしているのかを見るのは本当に興味深いでしょう。 昨夜の報道機関の1つが、彼らが彼らと話をした、または彼らが彼らの隣の誰かと話をした、または私のプログラムが何らかの理由で奇妙に機能していることを知っていたようなことを言ったからです。 理由はわかりませんが、40年の調査を行った技術者などに相談したり、現場作業が行われたとのことで、物理的に調査を行ったという印象を受けたのかもしれません。 レポートは作成されていませんでした。しかし、彼らは、建物の差し迫った故障や崩壊を引き起こす可能性のあるものは何も疑わなかったと言ったので、法医学記録の観点から、彼らが最終的に出てきてこれについての声明を作るときに実際に何を言っているかを見るのは本当に興味深いでしょう。政府が持ち込んだエンジニアがこれについて何を言っているかを見るのも興味深いでしょうが、ほとんどの場合、私はそれをあなたに伝えたかったのですが、次のビデオでやりたいと思いましすが数日かかるかもしれません。私が始めようとしているのは、建物が最後に復元されたときの許可を調べることです。もちろん、調べたかったのは、私はそこで仕事をしているチームの一員ではないので、この時点で私がそれを得ることができる可能性は非常に低いと思われる建築計画のコピーを見つけることができませんが、確かに許可について話し合うことができますそして、この建物が最後に復元されたのはいつかを確認することで、建物が適切に維持されているかどうかもわかります。よろしくお願いします次回お会いしましょう。

※きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。詳細は、下記原文をご参照願います。


ブログ写真2
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か? (その3)

サーフサイドビルの崩壊-フロリダ州マイアミ-崩壊の原因は何か? (その3)

ボーター・ジョシュさん動画翻訳

崩壊現場

フロリダで高層ビルや鉄筋コンクリートの建物に何年も取り組んできたので、建物がきしむべきではないことを知っています。夜にきしむ場合は、これは、建物が夜に熱収縮を起こしているためです。 涼しくて熱収縮が建物に他のストレスを発生させる夜間ですが、それらのストレスのいずれも建物のきしみを引き起こすことはないので、それが本当かどうか、そして彼の母親が実際にそう言ったかどうかを知っているなら もちろん、議論するまでですが、それは彼が実際に昨夜のニュースで言ったことに注意するのは興味深い点です。そしてもちろんほとんどの人は、彼らが聞くこれらのことをあまり考えていませんが、私はこれに十分長い間対処してきましたので、 これらの建物に住んでいる人々は、彼らが何を言っているのか、何を聞いているのか、何が原因なのかわからないかもしれないことを何度も確認していますが、それは重要なことです。

興味深いのは、ここに画像があります。ここでもう少し2021年の画像を見てみましょう。ここでも、破砕のすべてを見ることができます。屋上を見ると、破砕がずっと上にあることがわかります。この画像について私がこの画像を表示したかった理由は、これらの場所を見ると、ここにもっとたくさんあるので、右側のこれらの場所を見ると、グループ化がかなり緊密であり、従来の鉄筋コンクリートでは、鉄筋が必ずしも片持ちスラブの場合は6インチ離れていることはわかりませんが、この建物は過去のテンションケーブルの建物であることがわかっているため、これらの破片のグループのいくつかを結論付けるのは合理的です。実際にはポストテンションアンカーポイントであり、これは少しダブルのようなものであり、多くの場合、これらのケーブルはダブルまたはトリプルを実行しており、アンカーポイントは最後に互いに非常に床の端に接近しています。これは別の2021年の画像で、同じ建物の側面ですが、別の角度で撮影したものです。これらのグループを見ることができます。屋根の下の天井に落ちているので、ここの画像をよりよく見ることができますが、とにかく別の画像を見ることができます。同じ建物の角度なので、この建物は文字通り2021年1月に建物からコンクリートが落ちていました。これは、この時点で、Googleが画像の日付を間違えなかったと仮定した場合の画像です。これは、現時点ではほとんど議論の余地のない事実です。

興味深いのは、この画像が崩壊した建物の部分の写真です。2015年3月に撮影されたことがわかります。したがって、約6年前には、これらの大きな破砕や鉄鋼の兆候はありませんでした。鋼が見られない、破砕が見られない、コンクリートが欠けていることが見られないので、これらの建物が何も問題のない見栄えから私たちがそれらの前の写真で見たようなかなり酷い状態の見栄えが悪くなるまでの6年間でさえ、どれだけ早く問題が発生し始めるかを示しています。ですから、建物の写真とその状態を見て私が見たものの1つは、一次ポストテンションケーブルの方向を決定できるので、これが崩壊した建物の部分です。 ここで強調表示してから、画像を見ると、ptケーブルが実際に建物の長さ方向に伸びていることがわかります。 アンカー中間ポイントにアンカーがないと仮定した場合のケーブルの中間スパンに気付くことがありますが、中間ポイントアンカーがないと仮定した場合、ここの建物のこの部分は基本的に中間スパンです。 ptケーブルの数であり、後でビデオを表示するときに重要になります。崩壊の少し近くでそのビデオを分析します。

※きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。詳細は、下記原文をご参照願います。


ブログ写真2
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック