FC2ブログ

不動産トレンド1076-1080


[1080-20141215]
職住近接の街づくりとは
国土交通省は2025年ころまでの国土づくりの基本方針として、3大都市圏(東京、名古屋、大阪)と地方都市の両方で職住近接の街づくりの推進があります。3大都市圏の整備では、産業の国際競争力強化に貢献するため、効率的で生活しやすい都市構造への転換を図る。具体策として再開発による職住機能の集約と交通網の整備を一体的に推進。東京都区部では首都直下地震対策として、防災インフラの整備、密集市街地で倒壊や延焼火災を防ぐ住宅・建築物の耐震化、海抜ゼロメートル地帯の浸水対策を急ぐ。3大都市圏では高齢者の居住割合が特に増えるとみて、公営住宅団地や小学校跡地などを活用して多世代が交流できる拠点施設の整備を推進。郊外では高度成長期に集中して住宅団地が建設されたニュータウンの再生に合わせて、病院や福祉施設の導入を促す。地方都市では、職住近接の街づくりと交通網の一体整備を複数の自治体が連携して取り組むように促す。救命救急センターの設置や大手飲食チェーンの営業などで最低ラインとされる人口30万人以上の都市圏の維持・形成を目指す。インフラ整備を推進するための課題として、PPP・PFIによる民間投資の誘発やメンテナンスの着実な実施などを列挙した。さらに、建設産業の担い手を安定的に確保・育成するため、公共投資の規模の将来見通しを示すことや、地域の大学や専門学校による教育の重要性なども指摘した。
⇒人口30万人以上の都市圏の維持・形成を目指すためにはどのようにすればよいのか?お役所の基本方針を踏まえ民間デベロッパーはさらに知恵を絞らなければなりません。
20141215-1.jpg
旧兵庫県庁舎

[1079-20141215]
 「健康寿命サポート住宅」とは
 「健康寿命サポート住宅」とは、都市機構が掲げる高齢化対策のコンセプト。高齢者の転倒防止に配慮した住宅改修を行うと同時に、散歩したくなるような屋外環境も整備する。高齢者の自立した生活をサポートするのが狙いだ。これまでにも団地の建て替えに合わせてバリアフリー化に取り組んできたが、既存団地でもバリアフリー改修を展開する。改修メニューには、低コストで汎用的な11項目を用意。例えば、高齢者の転倒しやすい玄関、トイレ、浴室にポイントを絞り、床の段差が分かりやすいように色分けしたり、手すりを付けたりする。入居者は、入居を申し込む日に満60歳以上の人、あるいは障害を持つ人などに限定する。
⇒既存団地でのバリアフリー改修を展開は必要不可欠なものとなるでしょう。
20141215-2.jpg
旧兵庫県庁舎


[1078-20141215]
大手家電のリノベーション事業
家電大手のパナソニックが新築や中古マンションで、住空間や共用部の内装を一括で請け負い、企画提案から施工、アフターサービスまで担うエンジニアリング事業を本格展開する。水回りから床材や建具、照明、防犯設備など、自社の豊富な商材を中心にトータル提案する。特に首都圏で増えつつある社宅や賃貸マンションを一棟まるごとリノベーションし、分譲化するマンションオーナーや不動産買い取り再販事業者らのニーズに対応する。
⇒このような動きは多くなってきたが機能とスピードとコストの3点で機動力のある地元優良工務店と総合的に比較してどうでしょうか?
20141215-3.jpg
旧兵庫県庁舎


[1077-20141215]
生保大手、賃貸マンションへの投資加速
生保大手の第一生命は賃貸マンションへの投資を加速しているようです。中長期の保有が前提で条件は下記の6点に絞っているようです。
1)1棟所有
2)東京都内立地
3)入居者は単身者かDINKSが中心
4)間取りはワンルームから2LDK
5)最寄駅から10分以内
6)賃料は10万円~15万円
⇒景気の波に左右される高級物件ではなくリスクのなるべく少ない長期安定収入が得られる物件への投資ということでしょうね。
20141215-4.jpg
旧住友銀行神戸支店


[1076-20141215]
学生アパート併設の介護老人ホーム

大手介護老人ホーム運営会社は、学生アパートを併設して入居者と学生との新たなコミュニケーションの場を創出する動きがあります。運営会社職員、学生、大学生協の職員がコミュニティーサークルの構成員となり拠点活動を行っていく。コミュニティーサークルに参加する学生は、介護老人ホームで日々行われるアクティビティの企画や館内の清掃などを行い介護補助業務を学びます。学生のサークル活動の発表会等を通じて学生と高齢者の交流を深めながら、運営会社はコミュニティーサークルに参加する学生へ介護資格取得の助言や就職活動時のインターンシップの受け入れなどを行います。

Nursing care home for the elderly with a student apartment

A major long-term care home management company is moving to create a new place for communication between residents and students by adding a student apartment. The staff of the management company, students, and staff of the university co-operative will become members of the community circle and carry out base activities. Students who participate in the community circle learn nursing care assistance work by planning daily activities at the nursing home for the elderly and cleaning the building. While deepening exchanges between students and the elderly through presentations of student circle activities, the management company advises students participating in the community circle to acquire long-term care qualifications and accepts internships during job hunting.

20141215-5.jpg
旧三菱銀行神戸支店

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック