FC2ブログ

古代ローマのコンクリートが最良? その2

古代ローマのコンクリートが最良? その2
Practical Engineering 動画翻訳

興味深いことに、私たちは古代ローマ人のプロセスを厳密に模倣した現代的なプロセスを持っています。ローラー圧縮コンクリートですが、水がはるかに少ないため、非常に乾燥した混合物が作成されます。 RCCは、液体のように所定の位置に流れるのではなく、土木機械を使用して処理され、舗装のような振動ローラーを使用して所定の位置に圧縮されます。 RCCミックスには通常、ローマンコンクリートとのもう1つの類似点である灰も含まれます。高強度で低コストであるため、大重力ダムやアーチダムの非常に一般的な建設資材です。繰り返しになりますが、これらは通常、強度を重量と形状に依存する補強されていない構造です。ただし、すべてが非常に大きく、引張応力が発生しないわけではありません。高速道路の高架道路や高層ビルのような近代的な構造は、補強されたコンクリートなしでは不可能です。ですから、一般的に私達はコンクリートがより粘り気のあるまたはスープ状であることを好みます。作業が簡単です。それはポンプを通って複雑な型枠に流れ込み、補強材の周りに非常に簡単に流れ込みます。したがって、現代におけるこの含水量の問題を回避する1つの方法は、化学混和剤、つまりコンクリート混合物に添加してその特性に影響を与えることができる特殊な物質を使用することです。高性能減水剤と呼ばれることもある減水剤は、コンクリート混合物の粘度を低下させます。これにより、コンクリートははるかに少ない含有量で作業可能であり続け、セメントの希釈を回避して、コンクリートをはるかに強く硬化させることができます。

これがどのように機能するかを示すために、コンクリートの3つのバッチを混ぜ合わせました。この最初のものでは、私は標準的なミックスに推奨量の水を使用しています。多くの攪拌や圧縮を必要とせずに、コンクリートが金型にうまく流れ込むことに注目してください。 1週間の硬化後、サンプルを油圧プレスの下に置いて、破損する前にどの程度の圧力に耐えられるかを確認しました。これはコンクリート強度のかなり標準的なテストですが、私はガレージでテストラボを実行していないので、一粒の塩でこれらの数値を取得します。サンプルは約200psiまたは14MPaで破損します。これは、7日経過したコンクリートの比較的平均的な圧縮強度です。次のバッチのために、私ははるかに少ない水を追加しました。このミックスははるかに作業しにくいことがわかります。全く流れません。型に詰めるのに大変な手間がかかります。ただし、1週間の硬化後、サンプルは最初の混合よりもはるかに強力です。 3000psiまたは21MPaでプレスをほぼ最大にするまで、壊れませんでした。この最後のバッチでは、前のミックスとまったく同じ量の水を使用しました。まったく流れていないことがわかります。複雑な型枠や補強材の周りでこれを使用することは不可能です。しかし、高性能減水剤を追加するとどうなるか見てください。この粉末のほんのわずかな量が必要なすべてであり、突然、コンクリートが簡単に流れ込む可能性があります。多くの場合、化学混和剤を使用すると、25%少ない水で実用的なコンクリート混合物を得ることができます。しかし、最も重要なことは、プレスの下で、このサンプルはバッチ1と同じくらい粘性であるにもかかわらず、バッチ2と同じくらいの力を保持しました。現代の化学の奇跡は、コンクリートの特性を改善してローマのエンジニアの最もワイルドな夢を超えた高性能減水剤のような多種多様な混合物を私たちに与えました。

では、なぜ私たちのコンクリートは本来あるべきほど長くは続かないように見えるのでしょうか。複雑な質問ですが、1つの答えは経済学です。 「立っている橋は誰でも設計できます。ほとんど立っていない橋を作るにはエンジニアが必要です」という有名な言葉があります。彫刻家の仕事が主題のように見えない大理石のすべての部分を削り取るのと同じように、構造エンジニアの仕事は、設計要件を満たすために必要ではない構造のすべての無関係な部分を取り除くことです。また、寿命は、コンクリート構造物を設計するときにエンジニアが考慮しなければならない多くの基準の1つにすぎません。ほとんどのインフ基盤は税金で支払われ、ローマの基準に合わせて構築するコストが不可能になることはめったにありませんが、多くの場合、一般の人々が合理的と考える額を超えています。しかし、私たちが議論したように、コンクリートの技術は進歩し続けています。多分今日のコンクリートはローマ人のそれより長持ちするでしょう。確実にわかるまでに2000年待たなければなりません。ご覧いただきありがとうございます。ご意見をお聞かせください。

きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。
口頭原文は、続きをご参照願います。


ブログ写真3

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

古代ローマのコンクリートが最良? その1

古代ローマのコンクリートが最良? その1
Practical Engineering 動画翻訳

パンテオンは世界最大の非鉄筋コンクリートドームです。それは現代の驚異ではなく、2000年近く前に建てられた古代ローマの神殿です。では、西ローマ帝国のコンクリート構造物が数千年も続くとしたら、なぜ現代の構造はわずか20年後にこのように見えるのでしょうか。私はグレイディです。そしてこれは実用的なエンジニアリングです。今日のエピソードでは、コンクリートの設計寿命に影響を与える要因を見ていきます。このビデオはbrilliantが後援しています。これについては後で詳しく説明します。このシリーズのこれまでのコンクリートに関するビデオをまだご覧になっていない場合は、簡単な概要をご覧ください。コンクリートがどのように作られているのか、なぜそれがしばしば補強を必要とするのか、そしてその補強が時々劣化につながる可能性があるのか​​について話しました。

鉄筋コンクリートは現代社会の基盤です。引張応力に対してコンクリートの強度を与えるために補強が必要です。鋼は、その強度、同様の熱的挙動、可用性、および低コストのために、補強材として使用されます。しかし、鋼には錆びるという重要な弱点があります。この腐食は、補強材自体の強度を低下させるだけでなく、その副産物である酸化鉄を膨張させます。この膨張により、コンクリートに応力が発生し、ひび割れ、剥離、そして最終的には保守性の完全な喪失につながります。実際、埋め込まれた鉄筋の腐食は、コンクリートの劣化の最も一般的な形態です。

しかし、それはいつもそうだったわけではありません。 ローマ人はこの問題を非常に巧妙な方法で回避しました。彼らはコンクリートに鋼を入れませんでした。 簡単ですよね? 彼らは、アーチやドームなどのいくつかの巧妙な構造工学のトリックの力を利用して、コンクリートが常に圧縮に抵抗し、張力がかからないようにして、補強の必要性を最小限に抑えました。 それらの巧妙なトリックの1つは、構造を巨大にすることでした。つまり、文字通り、コンクリートを圧縮状態に保つ最も簡単な方法は、その上に重いもの、たとえばコンクリートを置くことです。 現代でもこのトリックを使用しています。

ほとんどの大きなコンクリートダムは、安定性のために自重と形状に依存する重力またはアーチ構造です。重力式ダムとアーチ式ダムの両方で、構造物の形状は、自重を使用して水圧に耐えるように注意深く設計されています。深く行くほど、それらがどのように大きくなるかがわかります。そのため、構造物の背後にある水の圧力が非常に高い場合でも、コンクリートに引張応力がかからないため、補強の必要はありません。

しかし、鉄筋の欠如は、ローマンコンクリート構造がこれほど長く続いた唯一の理由ではありません。ローマンコンクリートの優位性について一般的に引用されている他の提案の1つは、その化学的性質です。たぶん、彼らはコンクリートのより良いレシピを持っていて、それはどういうわけか時間の経過とともに失われました、そして今、現代の私たちの人々は標準以下のインフラストラクチャで生きる運命にあります。実際、2017年に科学者たちは、古代ローマのコンクリート構造物に使用されている海水と火山灰の組み合わせが、現代のコンクリートには通常見られない非常に耐久性のある鉱物を作り出すことができることを発見しました。しかし、それは私たちがこの現代で弾力性のあるコンクリートを作ることができないということではありません。実際、ミックスデザインとしても知られる具体的なレシピの科学は、ローマのエンジニアが夢見ることしかできなかったレベルにまで進歩しました。コンクリートの化学的性質において最も基本的であるが最も重要な要素の1つは、水とセメントの比率です。 以前のビデオで実験を行い、水を追加するとコンクリートの強度がどのように低下するかを示しました。 余分な水は、混合物中のセメントペーストを希釈し、硬化するにつれてコンクリートを弱くします。 ローマ人はこの水とセメントの比率の重要性を知っていました。 歴史的な写本の中で、ローマの建築家は、コンクリートを混ぜて水をできるだけ少なくし、特別な突き固め装置を使用して所定の位置に打ち込むプロセスを説明しました。

要約☞古代ローマのコンクリート構造物が数千年も続くのは何故か?それは非鉄筋コンクリートであるからです。コンクリートは圧縮力に強いが引張力には弱く現代のコンクリートは引張力に強い鉄筋で補強されている。しかし、鉄筋には錆びるという弱点があり、この腐食は、鉄筋の強度を低下させるだけでなく、その副産物である酸化鉄の膨張でコンクリートに応力が発生し、ひび割れ、剥離、そして最終的には保守性の完全な喪失につながります。古代ローマ人はアーチやドームなどのいくつかの巧妙な構造工学のトリックの力を利用して、コンクリートが常に圧縮に抵抗し、引張力がかからないようにし補強の必要性を最小限に抑えました。更に、古代ローマのコンクリート構造物に使用されている海水と火山灰の組み合わせレシピが、現代のセメントコンクリートには通常見られない非常に耐久性のある鉱物を作り出していることを現代の科学者は2017年に発見しました。

きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。
口頭原文は、続きをご参照願います。


ブログ写真3

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その3

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その3

jeffostroff 動画翻訳

つまり、ここで起こったことは、この線の左側にあるすべてのものが建物の下にあるということです。 この線の右側にあるものはすべて建物の外にあります。 ですから、これはまだガレージの中にありますが、これはすべてプール床の下にあり、ここ、プール床、プール床、ここに表示されるすべてのものがここにあります。 したがって、ここにあるこれら2つは小さい柱です。 これらはすべて16x16です。ここにあるものはすべて16x16です。建物の外にあるものはすべて12インチx16インチです。 だから私はこれらが弱いと言ったのは、プール床がそのせん断応力で崩壊したときに、この特定の柱、つまりM11が崩壊した可能性があるということです。 ここでは27、またはM10またはM9.1に関連付けられているため、どのように呼び出すかによって異なります。 しかし、それはここで梁で結ばれ、おそらくそれを引っ張ってねじり、他のすべてを同時に崩壊させました。

そして今、これはNISTがここのエリアに出入りするために構築した一時的な傾斜路です。覚えておいてください、これはランプの下部に14番が刻印されている柱です。フィオレッラのガレージのビデオからそれをはっきりと見ることができました。こちらがその動画映像の一枚です。だからこれは明らかに上から崩壊して来ました。これが鳥瞰図です。この柱番号を忘れて、私はそれを間違えました。私はこの基底部をここに関連するすべての代用物として使用していたので、忘れないでください。しかし、これは実際にはここでM11であるはずですが、少なくともここで27/28を正しく取得しました。そして27のあなたの柱があります。それで、このすべては基本的に天井から落ちてきました。見てみましょう。ですから、ここにあるこの柱は、すべての原因であると私が思うものであり、ドミノ全体が落下し始めた最初のドミノです。この柱は本当にこの柱であり、このプランターの真ん中で軽くたたくのが正しいです。そしてもちろん、他のチャンネルの他の人は私をからかっていました。なぜなら、私はこれをデッキに見せたからです。たとえば、これらのヤシの木を設置するために持ち込まれた可能性のある重機を表現しようとしたり、それらを削除したりすることもありました。 1996年にレンガ舗装を設置したときに、これらすべてのレンガを持ち込むためにフォークリフトを持ち込んだことさえありました。おそらくそれはさらにストレスを加えるでしょう、私たちは知りません。

しかし、私はあなたに何かを見せましょう。 そして、私はこれを7月上旬からすでに皆さんに何度も見せてきました。 それがプールデッキのこの鳥瞰図を見ると、ここに露出した領域が見えます。 ここにその柱があります。27/ 28、つまりM11で、それはこのプランターの真ん中にいます。 これは1996年に追加されたプランターでした。そのため、元の建築家の計画にはこれしかありませんでした。 ですから、誠実さを構築するジョシュでさえ、彼が理解できなかった約1、2週間前に彼のビデオでそれについて言及していました。 彼は建築家から間取り図を見ていました、そして彼は「これらが何であるかわかりません。それらは間取り図にありません」と言います。 そして後で彼に彼らが1996年に戻ってきたことを伝え、私は彼に計画を示しました。私は彼にこれらのプランターを追加したこれらの計画を示す図面の名前を付けました。 ヤシの木でさえ、図面の1つに示されています。 しかし、これは昨年彼ら施工業者がコンクリートデッキを調査した場所であるプールデッキでした。そしてここでそれは後でまだ露出されており、彼らはそれを埋め戻すことは決してありませんでした。それでなぜこれが起こったのかについて私が最も心配していることです。ここのこの穴が、ここにある柱のすぐ隣に掘られたのは当然のことです。つまり、ここで何かがおかしいという事実を無視することはできません。 ボブのバリケードを見せた他のプールの写真がまだあるかどうかはわかりません。ええ、あります。分かりますか? それで、彼らがそれらの穴を掘った数ヶ月後でも、私はここに矢印を示して、ねえ、なぜそのプランターのすぐ隣にボブのバリケードがあるのですか? そして、プールに沿ったこれらすべてのMLS写真で私たちが見続けている水のプールがあります。

これはおそらくプールのすぐ隣の最東端からの眺めです。 再び北西を斜めに見ています。 こちらがコリンズアベニューです。 こちらが隣の青いホテルです。 プールはここにあり、観光客は騒音を聞いてここにやって来て、ランプを降りてすぐに撮影しました。 これがランプです。 これが柱番号14です。駐車スペース番号14はここにあります。 これが他の柱番号27です。 繰り返しになりますが、ここでクローズアップを見せないようにしているという神話があります。これは、27/28列で何が起こっているのかを実際に確認する必要があるというものです。 このエリアの主要通路はここにあるので、これは明らかに天井から落ちました。 他の破片に着地したことがわかるので、斜めに座っているようなものです。 だからこれは確かに崩壊しました。 それがそれであるならば、それは巨大で深い梁です。 L字型です。 それでは、構造図を簡単に見てみましょう。

きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。
口頭原文は、続きをご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その2

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その2

jeffostroff 動画翻訳

今それは興味深いことですがガレージの真ん中に立っていて、北西を見ています。これはコリンズアベニューからさす光です。青いホテルはここにあり、ガレージへのランプは少し右側にあります。これは、完全に曲がったり、ねじれたり、圧縮されたりした隣の柱の1つです。コンクリートがどのように粉々になったのかがわかります。さて、これは間隔の点でここで少し良く見えます。そこに鉄筋が多すぎて、すべてが混雑しているかどうかはわかりません。その隣にある他の柱を見てみることができます。彼らが他に何を持っているか見てみましょう。これがサイトのどこにあるのか本当にわかりません。今これ、私は彼らが私たちにこれらの列をもっと見せたり、それがどこにあるかを正確に示してくれることを望みます、しかし私は底のこの腐食のすべてを本当に心配していて、それは本当にひびが入っています。それはおそらく押抜せん断から起こったのでしょう。なぜなら、すべてがそこの底まで届いたように見えるからです。しかし、それは一種の底でそれ自身を保持しました。そこに引っかかっているようなもので、完全に刈り取られることはありませんでした。そこに大量の水が入る場所があるかどうかはわかりません。これが雨から来ているのか、この時点でどこから来ているのかはわかりませんが、これがどの柱番号であるかを知りたいです。

今ここにあります。ここの柱番号19にあるので、現在の場所がわかります。彼らは真東のビーチに向かっています。したがって、これらの掘削機は、物件の端の海側にあります。覚えておいてください、これらの人はただ瓦礫の一部を調べているだけです。これは南向きです。隣の87の公園のコンドミニアムの壁だからです。そして今、ここのこの眺めは、プロパティの北東の角からです。そして、私たちはこの方向に斜め南東の海に向かっています。そのすぐ後ろに、プールの少しの部分が見えます。プールは前庭によって遮られており、それがプールのすぐ隣に建てられた一時的な傾斜路です。おそらく、それが現在、ほとんどの強みがある場所だからです。今ここでも、私たちは目を向けています。おそらくプールがある場所のすぐ近くに立っていて、北東を向いています。だから海はここにあります。そして、ここの隅にあるこの場所は、3年前に住んでいた女性が、車の周りに溜まっている水たまりのビデオを撮り、フィオレッラ・テレンツィのビデオの私のガレージ通路で壁から漏れていた場所です。とにかく、3年前の他のビデオがここで撮影されたように。 彼女のスペースはここにあり、7番目です。 これは傾斜路の底です。 これは、ここにある柱番号14です。 駐車スペースはここ14台です。 これはその柱番号27であり、これが建物の最南端の境界であると私たちが考える今、本当に有名なものです。 したがって、この柱は27で、L9.1になるはずですが、L10と呼ぶ人もいます。 これは、崩落した4つまたは5つの柱の1つを圧縮したものです。 これはここにある他の1つであり、おそらくここにあるものです。 これが、現在M11と呼ばれている27/28柱の残りの部分だと思います。 だから彼らは私たちにこれについて少しまともな見方をしてくれました。 これは興味深いショットです。このショットでは、想像以上に多くの情報が得られるからです。 ここに何があるかをお見せしましょう。それから、このために作成した写真を薄く覆います。 これは本当にクールです。

したがって、これは、プールとホットタブの両方が崩壊の影響をほとんど受けていなかったことを示しています。私たちが知っている亀裂はありません。私たちが知る限り、それらは漏れていません。実際、崩壊の朝に私が最初に見た写真は、完全に青い水を示しているこのプールの鳥瞰図でした。プールには何も飛び込んできませんでした。プールはまだすべての水を保持していました。それは元気に見えました。ですから、たくさんの第三者が入ってきて、プールには何か関係があると言っているのに、プールはこの建物の崩落とは何の関係もなかったことがわかりますが、実際にそうなりましたでしょうか?いいえ。これはここでの素晴らしい概要です。ですから、これはここで、space15を通過する梁であると私は信じています、そして私はそれがちょうど落ちたと思います。 L字型の梁です。しかし、先に進んで画像を軽く重ねさせてください。私たちがしたことをお見せしたいと思います。簡単に要約すると、覚えているように、崩壊した建物はここにあり、崩壊したのはこれらの5つの柱でしたね。ここでお見せしたいのは私がしたことです。ここの写真の上にこの軽く重ねるものを作成して、何が起こっているのかをよりよく把握できるようにしました。これが傾斜路です。そして、私がこの小さな写真をここに置いた理由は、これが観光客が撮影した写真、覚えていればそのビデオだからです。だから私たちが行ってそれを見れば。思い出してください。これが柱番号14、ここが柱27で、27/28はこの時点で落下した破片によって取り出されています。ですから、瓦礫の山は27の後ろにあることがわかっており、その一部はその近くまたは前にあるように見えますが、ほとんどはその後ろにあります。そのため、このエリアにグラウンドゼロがあることをここに示しています。ここにあるこれらの小さな星はすべて、旅行者が撮影したビデオで見た瓦礫の山を表しています。これで、現在の場所とすべてがここで発生した場所についてのより良いアイデアが得られました。そして、ここに、私はあなたのためにここにすべての駐車スペースをマークしました。私はそれらすべてに番号を付けました。そして78号車でさえ、私はその水たまりを置きました。崩落の36時間前にプールを見に来たプール請負業者が、78号車に大きな水たまりを見たと言ったのはここです。そこで、ここに戻って、ここの5つの柱を丸で囲みました。この黄色い帯が見えますか?これは、おおよそ建物の配置を表しています。したがって、建物の最南端の境界は、これらの4つの柱があるここにあることがわかります。そして、これらは座屈して折れ曲がり、建物を崩壊させたものでした。

きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。
口頭原文は、続きをご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その1

サーフサイドコンドミニアム崩壊サイトビューNISTビデオグラウンドゼロ その1

jeffostroff 動画翻訳

昨日8月25日、nistはこの発表をここにアップロードし、シャンプランタワーの崩壊を調査する専門家チームを発表しましたが、ここで本当に興味深いのは、ここの下部にあるものです。彼らはこのビデオを持っています。だからここにビーチ沿いにドローン近接撮影機があります、そしてあなたは私がこれをやめるべきだと言うことができます。だから私はこれをここで止めるつもりです、そしてあなたはこれが取られたときほとんど見ることができます。これは、7月4日に制御された解体で崩壊した建物の一部です。そして、崩壊の残りはここにあり、崩壊したプールデッキはここにありました。そしてここにプールがあります。これは隣のホテルです。観光客がガレージランプをまっすぐ見下ろして、今では有名なビデオを撮影したプールがあります。これがそのランプの残りです。そして、私はここで何かを見てみたいと思います。なぜなら、これは私にここで少し心配を与え、私たちが梁の密集と呼ぶものであるかもしれないからです。そうかどうかはわかりませんが、これはおそらく梁です。しかし、ご覧のとおり、これらは重なりあった鉄筋のようには見えません。これらの鉄筋が重なっているかどうかを見分けるのは難しいです。でも気になるのは、こんなに近くにあるのを見ると、ここのように近くにあるはずがないのです。コンクリートを注ぐときは、周りにある程度のスペースが必要だからです。隙間やすべてのものを避け、それをより良い場所に流し込み、必要な強度を得ることができます。したがって、このようにこれほど接近している枝筋を鉄筋に固定する場合、これは施工不良です。これは実際には建築基準法で禁止されています。しかし、私が知らないのは、これらが接合部のつなぎ目であるかどうかです。まるで魚を食べているようなもので、骨が残っているかのように、ここの鉄筋棒からコンクリートが簡単に剥がれ落ちてしまうのも気になります。

そして、この腐食のいずれかがすでに存在していたのか、それがすでにコンクリートの内部にあったのか、それともその後のものであるのかはわかりませんが、彼らは現場でこれらの写真を撮っていることを忘れないでください。だから、たぶん数週間そこに座っているだけです。それがこの点まで腐食するのに十分であるかどうかはわかりません。したがって、この写真を見ると、これらが近すぎるかどうかはわかりません。私はそれらがそうだと思います。つまり、これを見てください。コンクリートが適切に流れるようにするには、これらの鉄筋の間に1インチの間隔を空ける必要があります。そして今ここに別のねじれた混乱があります。ここでもこれらを見ると、かなり近いように見えます。これらはかなり近いです。しかし、これらを見てください、私はそれらの1つ、2つ、3つ、4つがここにあると信じています。これらはほとんど感動的です、そしてそれはノーノーです。事後にどういうわけか一緒に絞られない限り、どうやってそれを乗り越えることができたのか分かりませんが、これはこのように形成されたように見えます。そして、これらの4つの鉄筋をこのように組み合わせて、コンクリートをそれらの間に流し込むと、ここの2つと同じように、多くのことを求めています。これは非常に良い、健康的なコンクリートの注入にはなりません。つまり、基本的には同じシーンをさまざまな角度から何度も何度も見せてくれるようなものです。ですから、彼らは私たちに多くを与えているわけではありませんが、かなり強力なものが登場することをお見せします。さて、これはここにあります、私はここを探しています、これはかなりさびた鉄筋です。過去数週間の雨が原因でこれが起こったかどうかはわかりませんが、これはすべてここに座っているので、約3週間続いています。

しかし、私が指摘したもう1つのことは、初日からでも、コンクリートがどれほど白っぽいのかを確認することです。崩壊の翌日に見た瓦礫の山の最初の写真から私が指摘したもう一つのことは、なぜそれがきれいに摘まれたように見えるのかということでした。骨から魚を食べて骨を離れるときのように。ほら、コンクリートがないようです。コンクリートはここにいくつかの塊、ここに小さな塊、ここに小さな塊を貼り付けたいと思うでしょうが、コメントの最初の日以来、なぜこの鉄筋のすべてが完全にきれいに選ばれたのですか?しかし、私はあなたに何が来るのかをお見せするつもりです。だからここで彼らは私たちにガレージの床のほんの一瞥を与えています。そのため、場所全体が基本的にホッケーリンクのようになりました。ここを見ると、床がほとんど無傷であることがわかります。ですから、誰かが陥没穴の理論について何か考えを持っているなら、あなたはそれを休ませることができます。床に大きなガッシュ、巨大な亀裂、陥没穴、何も見当たりません。実際、ご覧のとおり、すべての柱がほぼ地面に立っていました。それらは床などから完全に剥ぎ取られることはありませんでした。

今ここに、プールはこの紳士のすぐ左にあります。そして、私たちが見ているのは南に向かっています。だからこれは私が言ったように、今は巨大なホッケーリンクのように見えます。あなたは南を向いているガレージの床に立っています。これはすぐ隣にある87の公園のコンドミニアムです。そのため、プールの壁はここに立っていました。コーンの反対側にあるのは、2つのコンドミニアムの間のビーチに行く公共の通路です。私はこれらすべてのコーンを彼らに貸し出している会社の為に消したいと思います。これを見てください、全体の敷地の周りに18インチかそこらごとに1つあります。ここにあるこれらのホースは、プールデッキに溜まり続ける水を汲み出すためのものです。下から漏れているのか、雨のせいなのか、はっきりとした答えは得られていません。今ここにもう一つあります。つまり、この混乱を見てください。ここでは、ほぼ重なり合っているように見えるものを見ることができます。わかりにくいですが、やはり腐食が多くなります。これは、ガレージフロアにある前庭の裏側、エレベーターから降りて車に行く小さなロビーです。これは、ノースウェスト88丁目の北側の通りの向かいにある青いホテルです。プールはここのようなもので、その観光客が床に積み上げられたがれきのしこりを見下ろす今では有名なビデオを撮影しました。これらの2台の掘削機はコリンズアベニューの上に座っており、これが7月4日の夜に取り壊された建物の残骸です。

きれいな日本語にはなりませんが、誤訳がないように心がけております。
口頭原文は、続きをご参照願います。


ブログ写真3
この大惨事によりお亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック