FC2ブログ

黒門市場

黒門市場
大阪市中央区日本橋
2021.06.15撮影ポイント

堺筋から一つ東の筋を中心に、千日前通の南側に展開する超広域型商店街で、総延長距離約580メートルのアーケード街におよそ150~160店舗が軒を連ねる。商店街は7つの町会で構成されており、生鮮三品を始めとする食料品を幅広く扱う。大阪においては、東成区の鶴橋市場、豊中市の豊南市場などと並んで食の宝庫として知られる。

DSC_3044.jpg

DSC_3043.jpg

DSC_3042.jpg

DSC_3040.jpg

DSC_3041.jpg

続きを読む »

テーマ : いろんな写真 - ジャンル : 写真

鞆の浦に浮かぶ仙酔島

鞆の浦に浮かぶ仙酔島
広島県福山市鞆町
2021.07.31撮影ポイント

鞆の浦から仙酔島へ 動画1 動画2 動画3
仙酔島 動画1 動画2 動画3

仙酔島は、広島県福山市の鞆の浦に浮かぶ島で鞆の浦のシンボル的な島である。対岸の福禅寺対潮楼は、江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用された。1711年に対潮楼を訪れた従事官の李邦彦は、客殿から見た仙酔島や弁天島の景色にいたく感動し、「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地の意)」と賞賛した。元々、仙酔島という名前も“仙人も酔ってしまうほど美しい島”という意味である。

DSC_3356.jpg

DSC_3367.jpg

DSC_3364.jpg

DSC_3382.jpg

DSC_3359.jpg

続きを読む »

テーマ : 広島 - ジャンル : 地域情報

兵庫県立明石公園

兵庫県立明石公園
兵庫県明石市
2021.05.19撮影ポイント

DSC_2553_20210629193703193.jpg

中部幾次郎翁銅像:大洋漁業株式会社の創業者
DSC_2552_20210629193800bd1.jpg

明石城
DSC_2562_20210629194136382.jpg

喜春橋
DSC_2571_202106291944121a4.jpg

かどで
DSC_2575_2021062919461567b.jpg

明石トーカロ球場
DSC_2577_20210629194802d9b.jpg

きしろスタジアム
DSC_2578_20210629195120a7b.jpg

DSC_2579_20210629195350f38.jpg

テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

野島断層保存館 その3

野島断層保存館 その3
兵庫県淡路市小倉
2021.05.26撮影ポイント

動画

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分に発生した兵庫県南部地震は六甲・淡路島断層帯が活動したために起こったもので、中でも構成断層のひとつである野島断層は震源に最も近い断層である。

DSC_2808.jpg

DSC_2807.jpg

昭和の南海地震・津波による傷跡
第二次世界大戦が終わって1年あまりがすぎた1946(昭和21)年12月21日、紀伊半島から四国西部にかけての太平洋沿岸をマグニチュード8.0の大地震が襲いました。昭和南海地震の発生でした。震央に近い高知県の沿岸部では、震度6強の大きな揺れで多くの建物が倒壊しました。さらに地震発生後30分以内に高さ10mをこえる大津波が襲来しました。この南海大地震による揺れと大津波により、三重、和歌山、徳島、高知などの各県は、死者・行方不明者1443人、倒壊家屋1万1千棟以上という大きな被害を受けました。

DSC_2815.jpg

紀伊半島から四国の沖合をのびる南海トラフ沿いで起こる南海地震は、歴史記録からみると100~150年間隔で繰り返してきたことがわかっています。昭和南海地震の発生からすでに63年が経過し、2020年前後に次の南海地震が発生する可能性もあると言う地震学者もいます。現在は、二度とこのような大きな被害をださないよう、十分な地震・津波対策をとっていく時期に来ているといえます。

DSC_2782.jpg

DSC_2783.jpg

DSC_2816.jpg

DSC_2814.jpg

テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

野島断層保存館 その2

野島断層保存館 その2
兵庫県淡路市小倉
2021.05.26撮影ポイント

動画

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分に発生した兵庫県南部地震は六甲・淡路島断層帯が活動したために起こったもので、中でも構成断層のひとつである野島断層は震源に最も近い断層である。

DSC_2813.jpg

DSC_2812.jpg

DSC_2810.jpg

兵庫県南部地震は、兵庫県南部を震源として1995年(平成7年)1月17日に発生した地震。兵庫県南部を中心に大きな被害と発生当時戦後最多となる死者を出す阪神・淡路大震災を引き起こした。日本で初めての大都市直下を震源とする大地震で、気象庁の震度階級に震度7が導入されてから初めて最大震度7が記録された地震である。

近畿圏の広域が大きな被害を受けた。特に震源に近い神戸市の市街地(東灘区、灘区、中央区(三宮・元町・ポートアイランド)、兵庫区、長田区、須磨区)の被害は甚大で、近代都市での災害として、日本国内のみならず世界中に衝撃を与えた。犠牲者は6,434人に達し、第二次世界大戦後に発生した地震災害としては、東日本大震災に次ぐ被害規模である。戦後に発生した自然災害全体でも、東日本大震災が発生するまでは最悪のものであった。

DSC_2777.jpg

DSC_2778.jpg

DSC_2779.jpg

DSC_2780.jpg

DSC_2806.jpg

テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック