FC2ブログ

生國魂神社

生國魂神社
大阪市天王寺区生玉町
2021.09.07撮影ポイント

生國魂神社は大阪市中心部、難波宮跡や大坂城(大阪城)から南西方の生玉町に鎮座する。「いくたまさん」と呼ばれ式内社(名神大社)。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。別称は「難波大社(なにわのおおやしろ)」などとも呼ばれる。かつては現在の大坂城の地に鎮座し、中世にはその社地に近接して大坂本願寺も建立され繁栄したが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に西成郡西高津村の現在地に遷座されている。

DSC_3580.jpg

DSC_3579.jpg

DSC_3587.jpg

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

ふくやま美術館で見つけたアート その7 うららか

ふくやま美術館で見つけたアート その7 うららか
広島県福山市西町
2021.07.31撮影ポイント

DSC_3336.jpg

テーマ : いろんな写真 - ジャンル : 写真

北野病院

北野病院
大阪市北区扇町
2021.06.08撮影ポイント

北野病院は、公益財団法人 田附興風会が医学研究所として運営する病院で、臨床研究を行っている。急性期総合病院としての機能を有している。本財団の設立は、綿業界で活躍した大阪の実業家 田附政次郎が、京都帝国大学(現 京都大学)医学部で胸の病を癒されたことに感謝し、同大学の学術研究に資することを目的に提供した寄付金に基因する。

DSC_2979.jpg

DSC_2980.jpg

テーマ : 建物の写真 - ジャンル : 写真

古代ローマのコンクリートが最良? その2

[1338-20210914]
古代ローマのコンクリートが最良? その2

なぜ現代のコンクリートは本来あるべき寿命ほど長くは続かないように見えるのでしょうか。複雑な質問ですが、1つの答えは経済(予算)です。 「柱がある橋は誰でも設計できます。柱がほとんど立っていない橋を作るにはエンジニアが必要です」という有名な言葉があります。彫刻家の仕事が主題のように見えない大理石のすべての部分を削り取るのと同じように、構造エンジニアの仕事は、設計要件を満たすために必要ではない構造のすべての無関係な部分を取り除くことです。また、寿命は、コンクリート構造物を設計するときにエンジニアが考慮しなければならない多くの基準の1つにすぎません。ほとんどのインフ基盤は税金で支払われ、構築するコストが不可能になることはめったにありませんが、多くの場合、一般の人々が合理的と考える額を超えています。コンクリートの技術は進歩し続けています。多分今日のコンクリートはローマ人のコンクリートよりも長持ちするでしょう。確実にわかるまでに2000年待たなければなりませんが・・・。

詳細1 詳細2


DSC_1830.jpg
大阪 中之島
2021.02.16撮影

続きを読む »

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

古代ローマのコンクリートが最良? その1

[1337-20210914]
古代ローマのコンクリートが最良? その1

古代ローマのコンクリート構造物が数千年も続くのは何故か?それは非鉄筋コンクリートであるからです。コンクリートは圧縮力に強いが引張力には弱く、現代のコンクリートは引張力に強い鉄筋で補強されている。しかし、鉄筋には錆びるという弱点があり、この腐食は、鉄筋の強度を低下させるだけでなく、その副産物である酸化鉄の膨張でコンクリートに応力が発生し、ひび割れ、剥離、そして最終的には保守性の完全な喪失につながります。古代ローマ人はアーチやドームなどのいくつかの巧妙な構造工学のトリックの力を利用して、コンクリートが常に圧縮に抵抗し、引張力がかからないようにし補強の必要性を最小限に抑えました。更に、古代ローマのコンクリート構造物に使用されている海水と火山灰の組み合わせレシピが、現代のセメントコンクリートには通常見られない非常に耐久性のある鉱物を作り出していることを現代の科学者は2017年に発見しました。

詳細1 詳細2


DSC_1829.jpg
大阪 中之島
2021.02.16撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック